戸塚区版 掲載号:2017年4月6日号

政策提言が実現! 県政報告

新たな性的被害支援センター開設へ

神奈川県議会議員 そがべ久美子

「ワンストップ」で対応

 神奈川県は、ワンストップで性犯罪、性暴力の被害者を支援するセンターを今夏、横浜市内に設置します。

 私は議員活動開始以来、取り組むべき重要施策の1つとして「ワンストップ支援センター」開設を位置づけてきましたので、大きな前進です。

 県内の相談窓口としてこれまでも「かながわ性犯罪・性暴力ホットライン」が機能してきていました。しかし性的被害を受け、心身ともに傷ついている被害者ご自身で警察、医療機関などそれぞれと連絡を取り、相談する制度になっているため、あまりにも負担が多すぎると私は思っており、改善を訴えてきました。

被害者への付き添いも

 今回導入されるシステムは、法務関係者やカウンセリングスキルなどを持つ、ワンストップ支援センター(24時間・365日)の相談員が話を聞き、その上で警察への被害届の提出、犯罪被害者サポートステーションや医療機関への相談を、被害者に付添いながら一緒に行うものです。

 27年と28年を比較すると、県内の刑法犯認知件数は減少していますが、性犯罪は、531件が538に増加しています。周囲の目を恐れ、「泣き寝入り」している方も多いと思われ、実際の数は正確に把握できないのが現状。お隣の韓国では今回の県と同様の制度を導入していますが、3倍の検挙率になったとの報告があります。

一人で悩まず、まず相談を

 性的被害を受けながらもその傷を身近な人にも言えず、一人で抱え込んで生きていくのはとても辛いこと。万が一、そのようなお悩みを持つ方がいれば、間もなく開設されるワンストップ支援センターをぜひご活用ください。

※相談はこちらへ。

【電話】045・210・7379。

そがべ久美子

横浜市戸塚区戸塚町3993

TEL:045-869-4559
FAX:045-869-4560

http://www.sogabe-kumiko.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

 犯罪被害者支援の充実に向け条例化を推進! 市政報告

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

5月18日号

中外製薬の戸塚進出に期待!

横浜市会報告

中外製薬の戸塚進出に期待!

5月11日号

折り返し地点

元ワーキングママがゆく【13】 市政レポート

折り返し地点

5月4日号

高校も指定避難所にして県民を守れ

スポーツできる「場」の確保を

市政報告vol.17

スポーツできる「場」の確保を

4月20日号

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

29年度予算に公明党の子育て支援が反映! 市政報告

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

4月13日号

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/