南区版 掲載号:2015年2月26日号

中学生硬式野球の全国大会に出場する「横浜南ボーイズ」の監督を務める

後藤 均さん

南太田在住 54歳

厳しく優しく選手見守る

 ○…2002年の創部当初から監督を務める。指導歴が10年を超え、「初めて全国大会に出場した09年のメンバーが成人式を迎えた」と20歳になった教え子と先日、再会した。「一緒にお酒が飲める年になった」と笑う表情は我が子を想う父親のよう。3月に迫る春の全国大会は3年ぶりの挑戦だが、「攻守ともに選手が成長してくれた」と手応えを感じて臨む。

 ○…南区庚台で生まれ育つ。太田小に通っていた小学3年生のころ、野球好きだった父の影響で球児に。父が監督を務めるチームの一期生としてプレーした。「長嶋茂雄さんの華麗な守備に憧れた」と目を輝かせる。中学時代は「人から『うまい』と思われることが喜びだった」と好打の遊撃手として活躍。卒業後は名門、横浜高校に進学した。

 ○…入部してすぐに「とんでもないところに来てしまった」と上級生のレベルの高さと貫録に圧倒された。厳しい練習には「仲間と励まし合ってがんばった」と笑い飛ばす。3年生の時、チームは甲子園出場に沸いたが、自らはメンバーに入れずスタンドで応援した。「今になって思うと努力が足りなかった。選手には『もっとやっておけば良かった』と後悔してほしくない」。指導者として伝えたいことは一貫している。卒業後は左官職人として6年間働き、子どもと関わる仕事に憧れて20代半ばから高校の技能員に。野球の指導は父の後を継ぎ、小学生チームからスタート。「華の『高校野球』につなげる中学生を指導したい」と41歳で現在の会長ら3人と南ボーイズを創部した。

 ○…子どもは長女と長男、次男の3人。現在は妻と息子4人で暮らす。半年前から美しさに魅了されて盆栽を始めた。「なんだか親父臭いけど。自分で調べて作るのが面白い」と恥ずかしそうに笑う。「野球が上手い下手ではなく、諦めない心を持って長く続けてほしい」。厳しく優しい”親心”で選手を見守り続ける。
 

12月10日から25日

商店街お買物券1万円分などが当たる抽選会開催

http://www.yokohamabashi.com/

年末年始限定メニュー予約受付中

厳選した新鮮な上質素材!見た目も味も文句なし!

http://www.yokohamatei.com/

<PR>

南区版の人物風土記最新6件

西岡 健一さん

横浜商業高校の教諭でスポーツなどを通した地域連携に取り組む

西岡 健一さん

1月19日号

西村 末子さん

20年目を迎える配食ボランティアグループ「春一番」の代表を務める

西村 末子さん

1月12日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月5日号

高橋 一成さん

完成350年を迎える吉田新田を盛り上げる「YS350実行委員会」の委員長を務める

高橋 一成さん

1月1日号

勝見 洋介さん

全日本剣道選手権大会で初優勝を果たした

勝見 洋介さん

12月15日号

伊東 政浩(せいこう)さん

常照寺の僧侶で武道場「葵精舎(あおいしょうじゃ)」を開いた

伊東 政浩(せいこう)さん

12月8日号

ダビアスリビング弘明寺

神奈川こすもすのお葬式プラン 100人いれば、100通りのお葬式を

http://www.daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

関連記事(ベータ版)

南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

サンタ呼ぶ飾り作り

サンタ呼ぶ飾り作り

アート団体、16日に講座

12月16日~12月16日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 横浜の動物園

    〈連載〉さすらいヨコハマ㉚

    横浜の動物園

    大衆文化評論家 指田 文夫

    12月7日号

南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク