青葉区版 掲載号:2012年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

先月の『防災のつどい』でコーディネーターを務めた 佐藤 榮一さん 美しが丘西在住 69歳

折り目正しい男のリーダー

 ○…防災アドバイザーとして、区内ほか全国各地の講演会を飛び回る。市内の消防署長などを経て、消防庁大学校の講師など、所属する団体は数知れず。一昨年の秋には、長年の功績が称えられ、瑞宝双光章を受賞。周囲からの信頼も厚く、『もっと話が聞きたい』と講演後も引っ張りだこ。「防災だけでなく、社会福祉など、青葉区に根ざした貢献活動をしていきたい」。

 ○…「想定外を想定する」。消防署長や救助隊の教官として指揮を執る中、40年間、訴え続けてきた言葉だ。「消防士にとって想定外とは、殉職するということ。その覚悟が無ければ人命を預かる資格は無い」。きっぱりと言い切るその表情には、厳粛さと確固たる信念が伺える。基本設計に携わった戸塚の消防訓練センターでは、当時では斬新な訓練設備を導入。「想定外」に備える施設に仕上げ、全国の先駆けとなった。

 ○…出身は北海道室蘭市。学生時代はボート部や陸上チームに所属し、1500m競走では国体の選手候補生に選出されるほどエネルギッシュ。実は幼少期は身体が弱く、母親のすすめで絵画を学んだ。夜を徹して夢中になって描き、プロのイラストレーターとしての一面も。「消防車やヘリコプターを写真以上に描く精密画が好き」。消防署のポスターも自ら手がけるほか、江田の陶芸教室での絵付け指導など、芸術の分野でも活躍を見せる。

 ○…12年前、「憧れの街だった青葉区」へ。「元石川おやじの会」の顧問として、住民らと地域防災に尽力する。会に所属する若い親に、言動や所作で伝えているのは、勇敢で折り目正しい”男の格好良さ”。『何でお父さんは消防団に入らないの?』。そう子どもに言わしめる”おやじ”を育成する。「会から消防団に入る若者が多いことが自慢でね。全国の講演会でも素晴らしい事例として伝えているんですよ」。今月で御年70歳―。優れた指導者、人格者として更なる挑戦が続いている。
 

青葉区版の人物風土記最新6件

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

1月1日号

加藤 裕子(ひろこ)さん

23日に行われる「クリスマスジュニアコーラス」の指導・指揮を務める

加藤 裕子(ひろこ)さん

12月21日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク