青葉区版 掲載号:2013年6月6日号
  • googleplus
  • LINE

入園者数4000万人を突破した、「こどもの国」園長 三国 治さん 千葉県浦安市在住 57歳

世代超えて、愛される園へ

 ○…「園長として、入園者数4000万人突破に立ち会えたことは嬉しいです」。昨年5月、「こどもの国」に着任。園長には今年4月に就任した。豊かな自然の中で、一日中のんびりできる施設。「実は働くまで、『こどもの国』のことはよく知らなかったんです」。それが今では「リフレッシュして、また次の日から頑張ろうと思える場所」と思いを話す。

 ○…「こどもの国」に着任するまで、同園と関係が深い朝日新聞に勤務。新人記者時代を振り返り、「とにかく休みが無くてね。何か事件があると”ピーピー”ポケベルが鳴って」と懐かしそうに話す。東京・名古屋・大阪・福岡など各地に転勤、特派員としてブダペストへも派遣された。東欧の民主化革命では「朝から夜まで取材しっぱなし」だったが「世界が注目するニュースを書けるのは面白かった」と目を輝かせる。記者職を離れてからは、社の新規事業の立ち上げにも携わった。業務内容が変わっても「『調べて、判断して、結果を出す』という仕事の基本は変わらないですよ」

 ○…秋田県出身。地元の高校を卒業後、大学入学を機に上京。「仲間たちと芝居のサークルをしていました」。渋谷の劇場で公演をしたことも。「結構、お客さんも入ったんですよ」。上演したのは寺山修司作「毛皮のマリー」。準主役を演じた。当時の仲間とは今でも交流が続いている。話のネタは「すっかり(自分たちの)健康の話になったけどね」

 ○…2年後に開園50周年を迎える「こどもの国」。周年事業の一つとして、現在、日産自動車と進めているプロジェクトがある。「同じ神奈川の企業が、このような協力をしてくれるのは嬉しいです」。詳細な内容はまだ公表されていないが、「楽しみにしていて欲しいですね」と自信のほどをのぞかせる。間もなく50年の節目の年。「これからも、世代を超えた多くの人たちに訪れていただきたい」。その目は2年後、さらには次の50年後を見据えている。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

3月29日号

朝香 好平さん

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む

朝香 好平さん

3月22日号

嶋田 千秋さん

横浜市内で初めてなでしこリーグ1部に参戦する日体大FIELDS横浜のキャプテンを務める

嶋田 千秋さん

3月15日号

皆川 幸成さん

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月8日号

糸川 史生さん

自然災害復興支援チャリティーコンサート「あおばカノン2018」の旗振り役を務める

糸川 史生さん

3月1日号

臼田 欣也さん

すすき野で32年間人形劇公演を主催する

臼田 欣也さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク