青葉区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

県政報告「神奈川維新への道」【5】 黒岩知事のこれまでの評価と、今後!? 神奈川県議会議員 維新の党 県議団長 赤野たかし

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 任期4年の最後となる定例会が2月より開会します。私はこれまで議案の賛否のみにとどまらず、知事に数々の提言、苦言を申してきましたが、これは地方自治における二元代表制の「当たり前」の信念から行ってきたこと。あくまで議会は、知事(執行機関)側と「緊張関係」にあるべきです。

 2月の私たちの代表質問は、黒岩県政4年間の評価をしっかりと行い、現場をほとんど持たない県政特有の「掛け声」だけ体質を正していきたいと思います。

【県の「見える化」によって「何が見え」、それを受け「実行」されたのか?】

 私の提言の一つに「県の見える化」があります。本県が各課の収入、支出を四半期毎に公表する「会計の見える化」を実施したことで、県独自で事業を行うのでなく、国の補助金等を市町村に配分するだけの課が明らかになりました。

 仮に今後、市町村中心の地域主権が徹底されることになれば、国や県の部局が大幅削減できます。また「県民利用施設の見える化」によって、施設利用者一人当たりに税金がいくらかかっているのかも、明らかになりました。仮にこれから、他の市町村の類似施設にも同様の動きが広がれば、二重行政の廃止はもちろん、公共施設のサービス向上にもつながります。

 よって今後、私たちの知事に対する評価基準は、「見える化」によって「見えた」ことを「実行」できるか否か。行政の事業費でなく、管理費の徹底削減なのです。

【たまプラーザにて「早春タウンミーティング」開催】

 来る2月15日(日)15時より、たまプラーザの「3丁目カフェ」にてタウンミーティングを開催します。テーマは「日本の明るい未来を青葉区から考える―3つの処方箋」(参加費500円)。参加ご希望の方は、【メール】takashi.akano@gmail.comまでお申込みください。
 

神奈川県議会議員 赤野たかし

横浜市青葉区美しが丘4-1-1-302

TEL:045-517-4476
FAX:045-909-5322

http://gyoukaku.com/ takashi.akano@gmail.com

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

山中市長の経歴詐称疑惑を質す

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

山中市長の経歴詐称疑惑を質す

公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

10月21日号

分厚い中間層を取り戻す

すべては次の世代のために

分厚い中間層を取り戻す

衆議院議員 みたに英弘

10月14日号

所得税ゼロ!消費税は5%に!

「1億総中流社会」の復活! 意見広告

所得税ゼロ!消費税は5%に!

衆議院議員 江田けんじ

10月14日号

若い皆さんもかかりつけ医を持ちましょう!

市政報告【20】

若い皆さんもかかりつけ医を持ちましょう!

横浜市会議員 田中ゆき

10月7日号

「政策実現」に命を燃やす。

すべては次の世代のために 衆議院議員 みたに英弘

「政策実現」に命を燃やす。

10月7日号

「県政の見える化」の先にある政治改革

神奈川から立憲を変え、緊張感ある政治をつくる 県政報告

「県政の見える化」の先にある政治改革

神奈川県議会議員 立憲民主党・民権クラブ県議団 政務調査会長 赤野たかし

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook