青葉区版 掲載号:2015年2月5日号 エリアトップへ

全国3位に輝いた日大藤沢高校サッカー部3年生で、大会優秀選手に選ばれた 中村 恒貴さん すすき野在住 18歳

掲載号:2015年2月5日号

  • LINE
  • hatena

「悔しさ」糧に、前へ

 ○…昨秋の神奈川県大会で頂点に立ち、挑んだ全国高校サッカー選手権。攻撃的なMF(ミッドフィルダー)として、初戦から3試合連続先制ゴールを決め、得点王に輝いた。「日本一を目指していたので悔しい。まだまだ物足りない。苦しい場面で点を取れる選手になりたい」。点取り屋の「背番号11」は前を向く。

 ○…すすき野小学校で活動する青葉FCの出身で、4歳からサッカーを始めた。転機は小学3年生の終わり。川崎フロンターレU―12のセレクションを受け合格。「めちゃめちゃ嬉しかった」。喜びもつかの間、レベルの高い選手ばかりで試合に出られない時期も。「照明の下で夜11時までボールを蹴る日もあった」。週4回、クラブでの練習に加え、地元のスクールにも通うサッカー漬けの日々。「チームメートに内緒で通ってた」。努力は実を結び、日本代表を目指すナショナルトレセンにも選出された。

 ○…プロを目指しフロンターレに通っていた中学時代。「悔しくて泣いた」。レギュラーで高校年代のユースチームに上がれなかったのは2人だけだった。日大藤沢高校では「試合で活躍する」と意気込むも、ベンチ入りすらできなかった。2年の4月から試合に出始めたが、秋に足首の骨にひびが入り離脱。さらに、首の腫瘍の手術などで約半年間プレーできなかった。「何でけがばかり、もうやめようと思った」。佐藤輝勝監督の「お前が必要だ」という熱い言葉。手術後「早く戻ってこい」と、お見舞いに来てくれた仲間の激励に「ここでやめたら意味がない、監督や仲間に恩返ししなきゃ」と奮起し、不動のレギュラーに上りつめた。

 ○…今春、上武大学にサッカー推薦で進学する。高校で果たせなかった「日本一を目指す」。フロンターレ時代の仲間は一足先にプロ選手となり契約を結んだ。「大学で活躍して、将来はプロになりたい」。悔しさをバネに、不屈の精神で新たなステージに臨む。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

桐蔭横浜大学出身 25歳

10月14日号

中島 敦志さん

9月16日付で青葉警察署長に就任した

中島 敦志さん

青葉区在勤 58歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

池上 啓二さん

青葉区老人クラブ連合会の会長を務める

池上 啓二さん

鴨志田町在住 76歳

9月23日号

田中 雄大(たけひろ)さん

たまプラーザエリアの地域情報サイト「TamaPlan」を運営する

田中 雄大(たけひろ)さん

あざみ野在住 25歳

9月16日号

根岸 里香さん

やさしい街あざみ野実行委員会の実行委員長を務める

根岸 里香さん

あざみ野在勤 50歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook