青葉区版 掲載号:2015年5月6日号 エリアトップへ

4月1日付けで青葉消防署長に就任した 関谷 寿男さん 緑区在住 58歳

掲載号:2015年5月6日号

  • LINE
  • hatena

消防一筋、現場を貫く

 ○…2回目となる青葉区での勤務に「自然が多い青葉で、また仕事ができるのは嬉しい」と笑顔をみせる。消防人生のほとんどを火災や事故、水難救助などのあらゆる現場に出動する特別救助隊で過ごしてきた。さまざまな現場での経験から「何よりもチーム力が大切。個々の力で成し遂げることはできない」。とつとつと話す。「青葉区は防災意識が高い。まずは火災ゼロを目指したい」と決意を語る。

 ○…潜水員として水難救助にあたっていた20年以上前。真っ暗な水の中での捜索に「恐怖心があった」と、なかなか発見できずにいた。当時の先輩に「『私が見つけてあげるから』と思って潜らなければ発見できない」と諭され、気持ちの切り替えができてからは「不思議と発見できるようになった」。見つかった人を救急隊に引き継ぎ「9分9厘無理だとわかっていても、『どうにか助かってほしい』と願って処置を見守った」。記憶がよみがえり、目が潤む。

 ○…長野県真田町(現上田市)の出身で、愛読書は「『真田太平記』」。自然が豊かで「幼い頃は山で遊んだり、使われていない水道管の中を探検したり―。よく親に怒られていた」と懐かしむ。小学生時代、体育が好きすぎて「担任に『体育ばかりやらず勉強もしなさい』と言われた」。地元のマラソン大会で上級生を差し置いて優勝するなど、運動能力の高さは折り紙つき。「体を動かす職業で誰かの役に立ちたい」。そんな思いが募っていった。

 ○…高専の卒業年、たまたま目に留まったポスターに導かれて消防の道へ。38年間、数多くの現場をくぐり抜け「おそらくここが最後の勤務地」と話す。東日本大震災では、県隊長として発生から11日後に福島県入り。被害の大きさを体感し「大震災は消防だけでは対応しきれない。地域の団結力が大切」と訴える。「どんどん地域に出て防災指導に力を入れる。自助共助のすそ野を広げていきたい」。現場で信念を全うする。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

福永 奨(しょう)さん

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位で指名された

福永 奨(しょう)さん

国学院大学在学 22歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

桐蔭横浜大学出身 25歳

10月14日号

中島 敦志さん

9月16日付で青葉警察署長に就任した

中島 敦志さん

青葉区在勤 58歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

池上 啓二さん

青葉区老人クラブ連合会の会長を務める

池上 啓二さん

鴨志田町在住 76歳

9月23日号

田中 雄大(たけひろ)さん

たまプラーザエリアの地域情報サイト「TamaPlan」を運営する

田中 雄大(たけひろ)さん

あざみ野在住 25歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook