青葉区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

がん闘病中の現役フットサル選手として、自身初の自伝を出版した 久光 重貴さん 港北区出身 34歳

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena

「責任」胸に蹴り続け

 ○…「誰だって生きていれば困難にあう。自分にはそれが、がんだった」。肺腺がん告知から2年。闘病しながら、現役選手としてプレーする。昨年は対がん協会のフットサル大使を務め、講演や小児がん患者の慰問も行ってきた。「支えてもらった分、誰かの支えになれたら」と力を込める。

 ○…生まれは青葉台。生後すぐ引っ越し、綱島小1年の時、地元のサッカークラブに入団。中学時代はヴェルディ川崎ジュニアユースに所属、名門の帝京高校サッカー部へ。厳しい上下関係と、ボールも触れず走り込みを重ねる毎日に「精神力は本当に鍛えられた」。プロを目指したこともあったがかなわず、趣味でボールを蹴る中でフットサルと出会った。ペスカドーラ町田の前身であるカスカヴェウ時代には、トレーニングで綱島から市ヶ尾までランニングしたことも。湘南ベルマーレフットサルクラブには、08年から在籍する。

 ○…がん治療はしているが、病人にはなりたくない、と前を向く。病を公表した時よく言われたのが「余命は」という言葉。死ぬつもりはない。余命宣告も拒否し必ずピッチに戻る、という目標を胸に抗がん剤治療に励んだ。「がんはすぐ死ぬ、というイメージがある。そうじゃない、できることがあると伝える責任が、自分にはある」。そのためにも元気な姿をみせたい。復帰を果たしたのはシーズン終盤の14年2月のことだ。自分の目標が多くの人の希望に変わっていくのを肌で感じた。「1年ずつ生きて、フットサルを続けたい」

 ○…「強い、とよく言われる。でも決して強くはないんですよ」と静かに微笑む。なんで自分が、と思ったことも、泣きわめいたこともある。それでも、信じて支えてくれた、たくさんの人に力をもらった。現在は、月に1度の維持療法を続ける。プレーすることを前提に、体づくりも怠らない。「過去には戻れないが、前には進める。自分にしかできないことを全うしたい」
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

小出 玄也さん

谷本公園の新園長として着任した

小出 玄也さん

神奈川区在住 25歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

青葉区在住 21歳

5月1日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月25日号

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

市ケ尾町在住 56歳

4月18日号

加々美 寛子さん

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した

加々美 寛子さん

桜台在住

4月11日号

藤田 みささん

FMサルースでお馴染み、ラジオパーソナリティとして30年を迎えた

藤田 みささん

青葉区在住 52歳

4月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク