青葉区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

荏田周辺の史跡を紹介する小冊子「ぶらっとふるさと えださんぽ」を著した 木幡(こわた) 恭一さん 荏田北在住 71歳

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena

「ふるさとの重み」伝えたい

 ○…「自分の根っことなる『ふるさと』を持つことは大事なこと」。趣味で近隣の史跡などを調べて絵を描いていたが、地元商店会の依頼を受け、解説を加えて1冊にまとめた。「拙い絵だから恥ずかしい」と言いつつ、「史跡には何百年も前からつながる思いが詰まっている。地元の人たちに手に取ってもらい、何かを感じてもらえれば」と願う。その根底には、「ふるさと」への強い思いがあった。

 ○…物心がついたころからずっと、福島県富岡町で暮らしていた。「ささやかな日常」が失われたのは、5年前。東日本大震災をきっかけに発生した福島第一原発の事故の影響で、意志とは関係なく故郷を離れなければならない状況に。「あまりにも重い現実。悲しくて、本当は泣きたかったけど泣く場所もなかった」。さまざまな思いが胸を駆け巡り、重くのしかかった。

 ○…息子が住んでいたことが縁で、荏田北へ。「基本的に『楽しく過ごさないと』と思っている人間」と自身を評するが、避難してから3年ほど経った頃、後頭部に円形脱毛症が見つかった。「意識はしていなかったけど、どこかで重圧感のようなものがあったんだろうね」。それでも、「先人たちもさまざまな震災や戦争を乗り越えてきた。負けていられない」と前を向き、新たな人間関係を育んできた。「これまでも、今も、ずっと周りの人に恵まれてきた。ありがたい」

 ○…現在は、趣味の絵とスキューバダイビングを楽しむ日々を送る。これまでに潜った海は、10カ国以上。「それぞれに良さがあったね。人とおんなじだ」。些細なことでも、感謝の気持ちは必ず言葉にして伝える。ポジティブな言葉は、発することで何倍にも思いが深まり、広がっていくからだ。「ありがとう。楽しいね。そんな言葉が言える人間でありたい」。新しい「ふるさと」となったこのまちで、自然に感謝の思いが生まれる仲間たちと、楽しい日々を過ごしていく。

古谷商店

日々の暮らしのお手伝い

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

釈 由美子さん

新たな交通系アプリ「マイルート」などを通じ、横浜の魅力を発信している

釈 由美子さん

横浜市在住 42歳

1月21日号

井上 太市さん

青葉事業所防犯協会の会長を務める

井上 太市さん

恩田町在住 71歳

1月14日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月7日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

高木 凜々子さん

バイオリニストとして国内外でリサイタルを開く

高木 凜々子さん

青葉区出身 24歳

1月1日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区在住 65歳

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ひきこもる人の気持ち」

講演会

「ひきこもる人の気持ち」

会場参加/Web視聴 募集

2月13日~2月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク