青葉区版 掲載号:2017年2月16日号 エリアトップへ

3月18日に初のリサイタルを横浜みなとみらいホールで行う 木村 有沙さん しらとり台在住 31歳

掲載号:2017年2月16日号

  • LINE
  • hatena

音楽の可能性を探して

 ○…自身初となるリサイタルを横浜みなとみらいホールで行う。「緊張も大きいけど、自分にとって新たなスタートライン。自分の持ち味であるクラシックサクソフォンの澄んだ美しい音を聴いてほしい」と話す。

 ○…「仲の良い友達が吹奏楽部に入部したから」。そんな理由で中学校入学後、吹奏楽部の門を叩いた。そこでサクソフォンと出合う。「ただ単純に楽器の形に一目ぼれ。この楽器以外はやらないと直感で決めたんです」。中学1年生の最初のコンクールは技術が足りず、ひとりだけメンバーに選ばれなかった。悔しさからお年玉でサクソフォンを買い、夢中で吹いたと振り返る。自分の楽器での練習は楽しく、もっと上手くなりたいと卒業後は音楽科への進学を決意。高校時代に初めて聞いたプロの音に感動し、その道に進むことが夢に。

 ○…プロになるために権威ある世界レベルのコンクールを目指して大学・大学院でも練習に明け暮れた。「30歳まではコンクールで実績を残したかった。難しい曲を演奏して必死に技術を競いました」と振り返る。20代最後のコンクールは人生最後にしようという決意で臨むが、結果は出せず。ある種の挫折を味わったが、これが自分だけの演奏から人を楽しませる演奏へと変わる転機に。同級生と2人で昨年5月から青葉ワンコインコンサートを企画。マラカスを配り参加者全員で演奏をするなど工夫をこらし、区内で子どもから高齢者まで楽しめるコンサートへと発展させた。「コンクールに明け暮れた時も、振り返れば音楽を通じて様々な人に出会い、様々な経験ができた。今度はその感謝の思いを音楽で返したい」

 ○…「散歩や映画が好き。でも、今は3月に行う初めてのリサイタルの準備で慌ただしい」という。夢中で走り抜けた20代を経て無限大の可能性を探して新たなスタートラインに立つ。「沢山の人とコンサートを通じて楽しく一緒に過ごしたい」と笑顔で話した。

青葉区版の人物風土記最新6

宮津 大輔さん

4月に横浜美術大学の新学長に就任した

宮津 大輔さん

千葉県市川市在住 57歳

6月4日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月28日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

横澤 孝泰さん

今年4月に開校した神奈川県立あおば支援学校の初代校長に就任した

横澤 孝泰さん

恩田町在住 59歳

4月30日号

小澤 明夫さん

新しく青葉区長として着任した

小澤 明夫さん

港南区在住 58歳

4月16日号

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

3月26日付で青葉警察署の署長として着任した

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

青葉区在住 58歳

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第4回「安全な水道水に改めて感謝を」

    6月4日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク