青葉区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

3月18日にフィリアホールでソロリサイタルを行うピアニストの 山口 真広さん 藤が丘在住 31歳

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

エネルギーになる音楽を

 ○…国内外のコンクールで入賞するほか、英国で千人以上を収容するホールを満員にした青葉区出身のピアニスト。3月18日にソロリサイタルを開催するフィリアホールは、幼い頃から発表会などで舞台に上がり、アルバイトもした思い入れのある場所。愛着のある地元で演奏することに「自分を育ててもらったところで、お世話になった人に演奏で恩返ししたい」と本番を前に心は沸き立つ。

 ○…3歳上の姉の影響で小学校に上がる前からピアノを始める。中学では吹奏楽部に所属し、将来も音楽を続けたいと考えていたが、真剣に音楽家の道を進むことを決めたのは中3の夏。信頼できる音大講師との出会いがきっかけだった。半年もない準備期間、厳しい指導に泣きながら練習して音大付属高校に入学すると、本格的にピアノの世界にのめり込み、夢中で鍵盤を叩く日々を送った。時には一人でピアノに向き合うことにプレッシャーや孤独を感じることも。それでも、文字通りピアノ漬けの青春は「楽しかった」と笑顔だ。

 ○…元々シャイな性格だったと振り返るが、今では「何でもポジティブ」。変わるきっかけは、英国留学だった。自分からアピールしないとチャンスが来ない環境や、本番で大きな失敗をしても前向きに捉える仲間たちの姿は新鮮だった。何より、みんなが心から音楽を楽しんでいた。音大の講師が言った「反省はいっぱいしてもいいけれど、後悔はしても仕方ない」が、今は自分の軸となっている。

 ○…気分転換は体を動かすこと。週に2、3度ジムに通い「汗をかくと一瞬、音楽のことを忘れてリフレッシュできる」。世界を舞台に活躍する一方で「青葉のまちに音楽が根付いてほしい」と、地元小学校を演奏で回ってみたいという夢も。病気を患い苦しいときも「エネルギーをくれたのは音楽だった」と話し、「今度は自分がエネルギーをあげる立場になれたら」。その目はまっすぐ前を向く。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

小松 礼次郎さん

青葉区商店街連合会の会長に就任した

小松 礼次郎さん

美しが丘西在住 44歳

6月20日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

6月13日号

嶋田 桂以子さん

8代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

嶋田 桂以子さん

区内在住 42歳

6月6日号

小出 玄也さん

谷本公園の新園長として着任した

小出 玄也さん

神奈川区在住 25歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

青葉区在住 21歳

5月1日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

セカンドライフを考える

セカンドライフを考える

29日 山内地区センター

6月29日~6月29日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク