青葉区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

すすき野で32年間人形劇公演を主催する 臼田 欣也さん 荏子田在住 65歳

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena

人形に想像力当てはめて

 ○…すすき野にプロの人形劇団「ひとみ座」を招き、年3回公演を主催する。「劇場に子どもを連れていかなくても地域で気軽に見ることができれば」と当初は2人の愛娘のためだったが、気が付けば32年。見に来た子どもが中高生となって手伝ってくれたり、親として子どもと再び観劇に来てくれることも。「劇を見た子どもが喜んでくれると嬉しくて。私も力をもらえる」。長年続けてきた理由を語る。

 ○…少年時代、「ひょっこりひょうたん島」のストーリーや生放送のワクワク感に魅せられたのが人形劇好きとなるきっかけだった。大学生になると当然のように人形劇サークルに入るが、当初は音響や舞台装置の裏方志望。転機はプロ劇団による大人向けの作品と出会ったこと。「簡素化された人形に、表情や感情があるように見えて衝撃を受けた」と振り返る。以後は年齢を問わず楽しめる表現の幅広さに魅力を感じ、脚本や演じ手もこなすように。卒業後はエンジニアとして働きながらアマチュア劇団で活動。現在では川崎の人形劇まつりの事務局を務めるなど、その活動は多岐にわたる。

 ○…人形劇の魅力を「生身ではない人形だからこそ、想像力を投影しやすい」と語る。さまざまな娯楽に溢れている現代だが、子どもたちには変わらずに想像力を膨らませる機会を持ってほしいと願う。加えて「演じ手は劇を見た子どもの声にその場で反応する」と話すライブ感。「ゲーム画面とは違う、双方向のコミュニケーションを体験してほしい」と思いは熱い。

 ○…定年退職し、ますます人形劇の活動に熱が入る一方、地域の男性コーラスにも参加。周囲は学生時代から歌っていた実力者ばかりだが、人形劇を演じる上で培った発声が生きているのだとか。孫は2人。「今は孫のために人形劇を続けている」と頬もゆるむ。2020年に迎える予定の「100回目までは頑張りたい」と柔らかな表情で話す。

青葉区版の人物風土記最新6

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

5月28日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月14日号

横澤 孝泰さん

今年4月に開校した神奈川県立あおば支援学校の初代校長に就任した

横澤 孝泰さん

恩田町在住 59歳

4月30日号

小澤 明夫さん

新しく青葉区長として着任した

小澤 明夫さん

港南区在住 58歳

4月16日号

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

3月26日付で青葉警察署の署長として着任した

櫻庭 嘉洋(よしひろ)さん

青葉区在住 58歳

4月9日号

宰田 充人さん

6年半にわたり青葉区の交通安全に尽力し、この3月で警察官を退職した

宰田 充人さん

市内在住 60歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク