青葉区版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

新しく青葉区長として着任した 小澤 明夫さん 港南区在住 58歳

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena

変化恐れず「前へ」

 ○…「人材が豊富で、区民の活動が活発。長寿日本一で健康意識も高い。そんな区であり続けられるようにしたい」。区長としての意気込みを語る一方で、新型コロナウイルスの影響から行事はなくなり、地域や団体との会合も開かれていないなど、着任早々厳しい船出だ。「こればっかりは誰のせいでもない。今できることをスピード感をもって何でも行い、区民と職員を守りたい」

 ○…小田原市国府津の出身。海と山に近く、自然の中で遊ぶ子どもだったと振り返る。公務員を志し、選んだ先はちょうどみなとみらい21事業が始まった横浜市。大きくまちが変わる時期だったことが決め手になった。入庁後は管理部門が多く、「組織は人」が持論。印象深いのは担当部長として、職員の能力開発と健康づくりに関わったこと。職員の心身の健康を守り、成長させていくことにやりがいを感じたという。「人材育成が一番大事。職員が意欲を持ち、能力を発揮できる環境をつくること。それが市民のためになる」

 ○…家に帰れば娘2人の父親。夫婦共働きで家事は分担し、帰りにスーパーで材料を買って家族の夕食を作ることも多いのだとか。入庁以来の趣味は山登りで、今では北アルプスや八ヶ岳などを縦走する立派な”山屋”。だが、区長となったこともあり、今年は行けないな、と寂しそう。

 ○…昨年末の区民意識調査で青葉区に愛着を感じている人は約8割。その結果にプレッシャーもあると話すが、「変化を恐れるのではなく、常に変わらないと」。明治大学出身らしく、ラグビーの名伯楽、北島忠治監督の「前へ」を引き合いに思いを語る。進む高齢化に防災、そしてコロナ対策と課題は山積するが、難局を乗り切るリーダーシップに期待がかかる。

青葉区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

大槻 茂久さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

大槻 茂久さん

鴨志田町在勤 41歳

4月29日号

中山 芳子さん

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める

中山 芳子さん

みたけ台在住 74歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter