青葉区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する 三上 真史さん 都内在住 37歳

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

花で人をつなぎ、笑顔に

 ○…花と緑に親しむ横浜独自のイベント「ガーデンネックレス横浜」。その一環で10月18日まで開催中の「秋の里山ガーデンフェスタ」では、アンバサダーとして会場の里山ガーデンでウェルカムガーデンを監修する。コロナ禍で今春は里山の公開ができず、花を見に行けることが当たり前ではないと実感。「改めて花には人を勇気づける力があると感じた。里山で花を愛でられる幸せを感じてほしい」。秋の公開への思いはひとしおだ。

 ○…俳優・タレントの顔と合わせ、”園芸王子”の愛称でも活躍。両親の影響で小さい頃から親しんできた草花の魅力を、NHK Eテレの「趣味の園芸」などで伝えている。明治大学政治経済学部で経済を学んだ経験を生かし、1級ファイナンシャルプランニング技能士の資格も取得。「園芸家の方を経営面からも助けるようなこともできれば」と語り、芸能・園芸・ファイナンシャルプランナーの3本を柱に活動していく。

 ○…新潟生まれだが、神奈川は自身が産まれる前に両親が長く住んでいた地。「実は最初の本籍は座間市なんです」と明かし、両親と遊びにくることも多くあったという。「全国都市緑化よこはまフェア」からイベントのアンバサダーは4年目、テレビ神奈川の情報番組「猫のひたいほどワイド」の水曜MCも5年目。足しげく通う横浜は「第2のふるさと」だ。

 ○…今秋の里山は、子どもたちと一緒に植え付けた「たねダンゴ」も見どころ。注力する「花育」の一環で、「どんな花が咲くか、楽しみにしてほしい」と微笑む。里山での活動を振り返り、「行くとパワーをもらえる場所。もっと多くの人に横浜の花や緑の魅力を知ってほしい」。今後も花を通じて人をつなぎ、笑顔を咲かせていく。

青葉区版の人物風土記最新6

六浦 勉さん

寺家ふるさと村四季の家でウェルカムセンター講師を務める

六浦 勉さん

藤沢市在住 74歳

10月29日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

桜台在住 62歳

10月22日号

萩原 直斗さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

萩原 直斗さん

区内在勤 32歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

大木 しのぶさん

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された

大木 しのぶさん

美しが丘在住 52歳

10月1日号

今村 柚巴(ゆずは)さん

10月からゲストハウスに宿泊し、PRしながら日本一周を始める

今村 柚巴(ゆずは)さん

青葉区在住 20歳

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展

服部篤浩さん

10月22日~11月3日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第9回「秋は薄着を始める好機」

    10月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第4回「単焦点レンズと多焦点レンズ、どっちがよいレンズ?」

    10月29日号

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク