青葉区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した 飯笹 光男さん 西区在勤 57歳

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena

「食」は人を幸せにする

 ○…横浜を愛する”食のプロ”たちが集まる「横浜ガストロノミ協議会」。これまで食に関わるイベントや小学校で食育授業などを行ってきたが、コロナ禍で活動が一変した。この2月に理事長に就任し「今やるべきことは自分たちのお店を守ること」と前を向く。横浜を世界に通用するグルメ都市にすべく、後進の育成にも力を注ぐ。

 ◯…相模原市出身。「すごく食いしん坊だった」という小学校時代。コロッケが美味しい店にコッペパンを持参して挟んでもらうなど、食へのこだわりは人一倍だったという。「粉吹き芋の調理実習では、勝手に卵やソーセージを持っていってポテトサラダにしました。先生には怒られましたけどね」と笑う。小5の時、料理上手の祖母に作ったうどんを褒められ、料理を作ることの喜びに目覚めた。

 ◯…高校卒業後、当時テレビに出ていた料理人に憧れ、番組の監修をしていた大阪の辻調理師専門学校へ。フランス料理のシェフを目指したのは「真っ白なコック服を着ている姿がかっこよかったから」。卒業後は元町の「霧笛楼」に就職。フランスへの食べ歩き旅行を経て、伊勢佐木町で「エルミタージュ」を共同経営。2007年に”和フレンチ”をコンセプトにした「シェ・フルール横濱」を横浜西口にオープンした。

 ◯…子どもは3人、現在は妻と2人暮らし。家族のために家で料理を作ることも多いといい、バレンタインデーに娘とお菓子作りをした思い出も。「食べることって幸せになることの一つだと思う」。3月に医療従事者へ会員のシェフが作ったお弁当を1200食届けたのもそんな想いからだった。「皆さんの笑顔で逆にこちらが元気を貰えましたね」。食の力を改めて実感する毎日だ。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

佐久間 秀徳さん

日本学生陸上競技個人選手権の1500mで優勝した

佐久間 秀徳さん

青葉区出身 21歳

6月24日号

木村 勇樹さん

7月4日に開業する「スプラス青葉台」のプロデューサーを務める

木村 勇樹さん

青葉台在勤 35歳

6月17日号

蕪木(かぶらき) 泉さん

市ヶ尾連合自治会長に就任した

蕪木(かぶらき) 泉さん

市ケ尾町在住 72歳

6月10日号

鈴木 幸子さん

青葉土木事務所の所長を務める

鈴木 幸子さん

西区在住 57歳

5月27日号

山下 保子さん

一昨年の日展で総理大臣賞を受賞し、記念展を開催している日本画家

山下 保子さん

美しが丘在住 74歳

5月20日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地域社会づくりを担ってきた学校

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】

    地域社会づくりを担ってきた学校

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月24日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第12回『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』

    6月24日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第15回「汗をしっかりかいて、暑い夏を乗り切りましょう♪」

    6月24日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter