神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2021年1月14日 エリアトップへ

第6回「糸賀一雄記念未来賞」を受賞したNPO法人インフォメーションギャップバスターの理事長 伊藤 芳浩さん 綱島在勤 50歳

公開:2021年1月14日

  • LINE
  • hatena

誰もが心をつなげる社会に

 ○…「糸賀一雄記念未来賞」は、障がい者福祉などへの先進的な取組みを行う団体へ授与される。同法人はコロナ禍での情報格差解消や、手話による医療通訳の普及啓発などに努めた。中でも評価されたのが、聴覚障がいがある人が通訳を通して音声通話できる「電話リレーサービス」の公共インフラ化。自身も生まれつき聴覚障がいがあり、「人に頼らず電話ができるのは、聴覚障がい者にとって大きな自立につながる。10年の活動が報われたよう」と笑顔。

 ○…幼少期から好奇心旺盛で、「母は色んなことを体験させてくれた」と感謝する。仕事を機に横浜市内へ移住。職場で思うようにコミュニケーションが取れずもどかしさを感じていた中、先輩の活動のおかげで手話通訳がついた。働きやすくなった一方で「多くの聴覚障がい者が同じ困難を感じているのでは」という思いから、約10年前に現NPOの前身を立ち上げた。

 ○…川崎市内在住。普段はIT企業に勤める。仕事との両立で忙しい毎日だが、休日は妻や2人の息子と過ごすのが楽しみ。「コロナ禍以前はよく出かけていました。特にキッザニアは、子どもが色んな体験ができて楽しそうだった」。息子には様々な体験の機会を与えることを大切にする。

 ○…法人名の「インフォメーションギャップバスター」には、「情報の格差を無くす」という思いを込める。コロナ禍ではマスク着用により、聴覚障がい者が表情を読み取りづらくなるなど、新たな”バリア”も発生。一方、人々の価値観が大きく変わる現代を好機とも捉える。「昨年はオンラインツールなど、新しいコミュニケーションも普及した。心身の特性にかかわらず、誰もが円滑にコミュニケーションできる社会にしたい」

港北区版の人物風土記最新6

笠 佳孝さん

港北警察署長を務める

笠 佳孝さん

新横浜在住 55歳

5月23日

長谷部 宏光さん

今春から港北消防署長を務める

長谷部 宏光さん

神奈川区在住 49歳

5月16日

嶋村 公さん

横浜市港北消防団の第10代団長を務める

嶋村 公さん

樽町在住 67歳

5月9日

竹下 幸紀さん

今春、港北区長に就任した

竹下 幸紀さん

55歳

5月2日

冨田 育子さん

4月1日付で港北図書館長に就任した

冨田 育子さん

鶴見区在住 57歳

4月25日

内田 大恵さん

横浜市港北区仏教会の会長として活動する

内田 大恵さん

日吉本町在住 56歳

4月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜赤レンガ倉庫で参加型自転車フェス

横浜赤レンガ倉庫で参加型自転車フェス

「ヨコハマサイクルスタイル2024」 6月15、16日

6月15日~6月16日

港北区版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook