神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年2月29日 エリアトップへ

創作料理屋海んちょの女将で、神奈川なでしこブランド認定商品を開発した 藤田 奈美さん 日吉在住 58歳

公開:2024年2月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

「好き」を学ぶ面白さ

 ○…「思い切った選択だった」と4年前を振り返る。営業自粛が続く中、事業見直しを考えていたところに入ってきたSOSの声。「横浜野菜を使って食事の手助けを」と思い、新事業「Kozutsumi(こづつみ)ブランド」に踏み切った。こだわりは「健康に、おいしく」。米粉を使いつつ、味や食感にも気を配った。「『食べること』は大事なこと。つらい時ってまず食べなくなるし、逆に食べていればだいたい元気よ」

 ○…埼玉県出身。外資系の会社で国際業務に従事し、料理もあまりしなければ、営業に関わることもなかった。日吉で海んちょを開業したのは1993年。飲食業は夫の長年の夢だった。「手伝い程度のつもりが、気づけばどっぷりはまっていた。まさか31年も続くとは」と感慨深げな表情。「まったくの別世界に飛び込んだ」と話す。

 ○…子どものころから体を動かすことが好きで、中学、高校ではバレー部でエースや部長を務めた。今の趣味は街歩き。「水辺を歩くのが好き。だから横浜も好きなのよ」。普段は入らないような店も、勇気を出して入ってみる。そこで店の商品や内装のアイデアが生まれる。

 ○…飲食業をきっかけに、地産地消をはじめ様々な人やモノに出会ってきた。こづつみブランドを立ち上げて、出会いはより広がり、同時に新たに学ぶことも増えた。いろいろな場で得た知識が繋がっていくのは面白い。「好きなことを学べる場所が好き」と前のめりで語る。飲食業の魅力は「学んだことを即実践できるし、1の成功が、99の失敗をチャラにするほど嬉しい」こと。「今は海んちょをやっていてよかったと思う」と頬を緩める。これからも学びの連続の中、「食べる」を大事に生きていく。

港北区版の人物風土記最新6

笠 佳孝さん

港北警察署長を務める

笠 佳孝さん

新横浜在住 55歳

5月23日

長谷部 宏光さん

今春から港北消防署長を務める

長谷部 宏光さん

神奈川区在住 49歳

5月16日

嶋村 公さん

横浜市港北消防団の第10代団長を務める

嶋村 公さん

樽町在住 67歳

5月9日

竹下 幸紀さん

今春、港北区長に就任した

竹下 幸紀さん

55歳

5月2日

冨田 育子さん

4月1日付で港北図書館長に就任した

冨田 育子さん

鶴見区在住 57歳

4月25日

内田 大恵さん

横浜市港北区仏教会の会長として活動する

内田 大恵さん

日吉本町在住 56歳

4月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook