神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年5月9日 エリアトップへ

横浜市港北消防団の第10代団長を務める 嶋村 公さん 樽町在住 67歳

公開:2024年5月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

「信頼」胸に活動を推進

 ○…団長に就任して1カ月余り。「現在、区全域635人の団として、統制の取れた組織を維持する責任は重い」と心境を語る。重点の一つが基礎能力を幅広く身につけること。消火や人命救助に必要な資機材の使用訓練など、団全体として取り組む。「その積み重ねが団結力につながるはず」。団員募集にも努め、団全体としての活動力の底上げを目指す。

 ○…樽町で生まれ育つ。幼少期は「とにかく外で遊ぶのが好きで、弟や友人たちと近所を走り回る毎日」。小学校の校庭が未整備で溜池だった時代、ザリガニやクチボソ取りに夢中になった。中学では野球部、高校でバドミントン部、大学ではテニス部と、常にスポーツで汗を流した青春時代。そこでは苦楽を共にした仲間や、時として対戦相手との信頼関係を築く意味を知る。「どれも一人ではできないものばかりだからね」

 ○…息抜きは、植物の観察や水やり。かつて祖父に教わった将棋も最近の楽しみで、壁には羽生善治さん、藤井聡太さんの署名入りの免状がある。長年フクロウグッズの収集を続け、その数200点以上。「シマフクロウの存在を知り、『シマ』と『嶋』で身近に感じてね」。神奈川県議会議員として6期目で、議長も経験。町内会長や交通安全協会の代表理事など様々な顔も。会社員時代から青少年指導員や町内会長まで務めるなど、地域と関わってきた。

 ○…活動では身に危険が迫ることも想定されるなか、団員一人ひとりには「地域を守ることが使命なら、自身や家族の安全を思うことも重い使命ととらえてほしい」と願う。幅広い世代からなり、団員同士の連携が問われる消防団。これまで大切にしてきた「信頼による関係づくり」を胸に、その先頭に立つ。

港北区版の人物風土記最新6

豊田 圭史さん

夏の選手権神奈川大会に第1シードで出場する武相高等学校硬式野球部監督の

豊田 圭史さん

神奈川区在住 40歳

6月13日

高瀨 勝さん

子どもの居場所「たまりBAこづくえ」の代表を務める

高瀨 勝さん

小机在住 84歳

6月6日

阿部 修さん

NHK Eテレの番組の舞台に選ばれた大倉山公園愛護会の3代目会長を務める

阿部 修さん

大倉山在住 78歳

5月30日

笠 佳孝さん

港北警察署長を務める

笠 佳孝さん

新横浜在住 55歳

5月23日

長谷部 宏光さん

今春から港北消防署長を務める

長谷部 宏光さん

神奈川区在住 49歳

5月16日

嶋村 公さん

横浜市港北消防団の第10代団長を務める

嶋村 公さん

樽町在住 67歳

5月9日

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook