戸塚区版 掲載号:2011年8月4日号
  • googleplus
  • LINE

アメフット世界選手権 藤田選手、世界で奮闘 舞岡高アメフット部OB 初の日本代表として

「とにかく楽しんでやったら道は開ける」。アメフットをする子どもにエールを送った
「とにかく楽しんでやったら道は開ける」。アメフットをする子どもにエールを送った

 アメリカンフットボールの世界選手権が7月8日〜16日、オーストリアで開かれ、原宿出身の藤田篤選手(25)が初めて日本代表として試合に出場した。人数が少なく合同チームを組んで試合をしていた舞岡高校アメフット部から、世界を舞台に戦う選手が生まれた。

 4回目の開催となる世界選手権には過去最多の8カ国が出場。予選リーグと決勝トーナメントを戦い、アメリカが前回に続き優勝した。第1、2回に優勝した日本は王座奪還を目指したが、3位に終わった。

 「藤田、いくぞ」。所属する富士通フロンティアーズのコーチから告げられたのは突然だった。代表メンバーに体調不良者が出たことでのオファー。代表に選ばれず悔しさをかみしめていた。驚きの少し後に、喜びが込み上げた。

 初めての世界の舞台に、緊張はなかった。「やれた部分と課題の両方がある。外国人はやはり大きくて重い。ポジション取りに注意して、タックルのポイントを考えないと」。冷静に振り返る。身長179cm、体重78kg。ポジションはDB(ディフェンシブバック)。体は決して大きい方ではないが、強い気持ちでしかけるタックルが持ち味だ。

 舞岡高のアメフット部に入部したのは、高2の時、深夜に見たスーパーボウルの試合がきっかけ。「白熱した試合だった。何かかっこいいなって」。普段は熟慮するタイプだが、入部の時は不思議と何も考えなかった。アメフット部がある学校は少なく、区内では同校のみ。部員も少なく、他高との合同チームで試合に出ていた。今も親交がある当時の顧問、新倉邦夫教諭(53)は「もともと能力は高かったが、当時より体ががっしりした。努力家」と評す。

 大学、社会人と人生の節目にはアメフットを止めることも考えたが、今は「もっとうまくなりたい」。目標は、フロンティアーズで日本一になり、大学王者と戦うライスボウルで勝つこと。日本代表に至るアメフット人生の転機を聞いた。「それは、アメフットを始めたこと」。子どものように笑った。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「市政を大胆に前進」

法衣をキルトでリメイク

上矢部町在住諸星さん

法衣をキルトでリメイク

4月5日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

薬科大が地域に特別開放

旧ドリームランドボウリング場

薬科大が地域に特別開放

3月22日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク