戸塚区版 掲載号:2011年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

幻の名画 横浜で初上映 原爆の悲惨さ伝える 「ひろしま」  16日に公会堂で

作品のポスターを手にする主催者代表の竹岡さん
作品のポスターを手にする主催者代表の竹岡さん

 1955年にベルリン国際映画祭で長編映画賞を受賞したものの、一般公開が少なく「幻の名画」とされる「ひろしま」が12月16日(金)、戸塚公会堂で上映される。主催者代表の竹岡健治さん(65)(栄区)は「人類が核について考えるいい機会。多くの人に見てもらいたい」と呼びかけている。

 作品は、原子爆弾投下7年後の広島市の高校の場面から始まる。「毎日ビクビクして生きているんだ」と声を荒らげる男子生徒。突然、原爆症で倒れる女子生徒。一転、場面は原爆投下当時に変わり、映画は原爆の悲惨さや被爆者の苦しみを淡々と伝えていく―。

 被爆した子ども105人の手記を集めた文集「原爆の子」が原作。全国の教師約50万人が出資し、関川秀雄監督が1953年に製作した。広島市民約9万人がエキストラとして参加。国際的な賞を受賞したが一般公開が難しく、鑑賞の機会が少なかった「幻の名画」と言われている。

 竹岡さんは知人からの要望を受け、上映を企画。上映場所を押さえるとともに有志12人と実行委員会を結成、周知活動を展開している。ひろしま上映は現在、同作監督補佐の息子である映画プロデューサー・小林一平さん(64)を中心に各地で取り組まれているが、横浜市内では初めて。竹岡さんは小林さんにも意向を伝え、快諾を得た。

 広島県出身の竹岡さんは「実は県民でも原爆のことは深く知らない」。竹岡さんの父は原爆投下翌日に市内に入り被爆。自宅に帰った後はかぶった布団から一切出ずに、当時のことを口にすることはなかったという。「(父に)聞けば良かったと今になって思うし、映画を見て、やはり知らなかったなと。多くの人、特に若い人に見てもらいたい」

 小林さんは「原発事故後、『子どもの未来のために』と言うが、核の脅威と命の尊さを知らなければその言葉は嘘になる。まずは大人が理解することが必要」と話している。

 上映は午後6時半〜8時45分(開場6時)。当日券のみで大人999円、18歳以下500円。詳細は竹岡さん【電話】090・7405・4276。映画などについては小林さん【電話】090・8961・5019へ。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク