戸塚区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

ほのぼの商和会 街活性化に企画続々 区役所移転で募る危機感

社会

戸塚宿の画を印刷したワインラベル
戸塚宿の画を印刷したワインラベル

 戸塚駅西口にある72店舗が加盟する戸塚宿ほのぼの商和会(千葉賢二会長)がこのほど、地域の活性化などを目的に同会の名称を印刷したオリジナルラベルを作成。これを貼ったワイン約500本の販売を始めた。

 歌川広重が描いた東海道五十三次の戸塚宿の画がプリントされたラベル。同会が発案し、今秋から製作を進めてきた。

 初お目見えとなった12月2日に区内で開催されたイベントでは、約20本が売れた。今後は加盟店のうち、約20の飲食店で販売していくという。千葉会長は、「年末の贈答用などに利用してもらい、商店会を盛り上げるのはもちろん、戸塚の名を全国へ発信していけたら」と期待を込める。

トイレ貸し出しも

 同商店会はこれまでも、商店会を会場とした大規模な合同コンパ「街コン」、協力店の居酒屋などを巡る食べ歩きイベント「夜の街角ウォッチング」を開催。11月には(株)大川印刷(上矢部町)とNPО法人Checkが共同で進める「オープントイレプロジェクト」に区内の商店会として初めて賛同し、10店舗で高齢者や障害者などがトイレを気軽に利用できるように貸し出すサービスを開始した。

 こうして街の活性化に積極的に取り組む背景にあるのは、来春の区役所移転。会員が集まれば、人の流れが変わって商店会が衰退してしまうのではないかとの不安が常に話題にあがる。

 千葉会長は「1つでも店が閉まれば、どんどん進んでいくのではないか」と危機感を募らせる。「商店会は昔ながらの人情が魅力。生き残るために会員は仕事そっちのけで頑張っている」と話し、「年末はこのラベルで乗り越え、来年はまた新たな企画を考えていかないと」と話していた。
 

ほのぼの商和会の千葉会長
ほのぼの商和会の千葉会長
オープントイレプロジェクト賛同店を示すマーク
オープントイレプロジェクト賛同店を示すマーク

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク