戸塚区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

とつか宿駅前商店会 飲食店で地域発展を 3店舗がモデル的に営業

 戸塚駅東口の旧国道1号沿い(矢部町84の1)に、仮設店舗の空きスペースを活用した「チャレンジショップ」が営業を行っている。横浜市ととつか宿駅前商店会の連携による事業で、同地域への飲食店出店の呼び水にする狙いだ。

 オープンしたのは、戸塚駅東口で18年間続くパン屋「ぷちらぱん」のイートインカフェ「ぷちらぱんカフェ」(青木陽社長、写真【1】)、自然派ワインと横浜、戸塚の地場野菜にこだわった立ち飲みワインバル「とつかワイン食堂 クリュ(CRu)」(早坂恵美社長、写真【2】)、戸塚区を中心に子育てを幅広く応援する活動を行う「こまちぷらす」による親子カフェ「こまちカフェ」(粟倉理恵店長、写真【3】)の3店舗。同地域での本格出店も視野に、2014年10月ごろまでの期間限定で営業を行う。

 仮設店舗は戸塚東口区画整理事業のために横浜市都市整備局が所有している。今回のチャレンジショップは、モデル事業として市が初めて試みたもの。同商店会の藤谷恵一会長が仮設店舗を「活用できないか」と市に相談を持ちかけたのがきっかけだった。

 大型商業施設などの出店により約30年前に商店会がなくなった旧国道1号沿いの同地域は、08年に同商店会が発足。東海道でもあることから人通りが多いものの、資産価値が下がるなどの理由で新しいビル内にも飲食店が入らず、「休憩する場所が少ない」というのも課題だった。

 藤谷会長は「飲食店があることで人の流れも生まれるはず」と指摘すると同時に、「チャレンジショップによって、地権者と今後出店を希望する人同士の直接的なつながりを作りたい。飲食店出店の呼び水にすることが目的」と強調する。

 今回、同商店会が飲食店の事業者を募集し、出店を希望したのは7店舗。施設整備にあたり、市が改装費として1店舗につき130万円(計390万円)を同商店会へ補助したという。仮設店舗は期間終了後に取り壊される予定だ。藤谷会長は「厳しい世の中だからこそ、競争よりも共存。地域のつながりを大切にしたい」と話していた。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク