戸塚区版 掲載号:2013年7月18日号
  • googleplus
  • LINE

市保有プール 利用減受け、見直しへ 区では大坂下公園が対象

社会

 横浜市では利用者の減少や施設の老朽化に伴い、市が保有するプールと野外活動施設の見直しを進めている。利用促進や経営改善などを行い、改善が見込めなければ来年度末までに廃止や集約など、対応を決定する。戸塚区内では大坂下公園プール(戸塚町)が対象。

 市総務局は昨年8月に「プール及び野外活動施設等の見直しに係る基本的な考え方」を公表。対象となっている施設は市が保有するプール41カ所と野外活動施設8カ所。野外活動施設の赤城林間学園(群馬県)のキャンプ場は利用者が特に少ないという理由から、すでに今年3月に廃止の意向を示し、来年度末をもって閉鎖となる。

 市が保有しているプールは、公共の福祉の促進、臨海部埋め立てに伴う代替施設、また人口急増期に不足していた学校プールの補完的な役割を持つ施設として設置された。しかし、1984年には学校プールが100%整備され、近年では少子高齢化やライフスタイルの変化、民間プールへの移行などから利用者が減少しているという。

 大坂下公園プールを含む公園プール(屋外)28カ所に関しては、利用者数の減少が顕著で、ピーク時の1995年と比べ、2010年は54・9%まで減少している。しかし、大坂下公園プールの過去9年間の利用者数の推移=図=をみると、減少し続けているとはいえず、気温に左右される傾向がみられる。同プールの指定管理者((株)丸誠)も「気温が低かった一昨年に比べ、昨年は暑かったためか、利用者も増えたようだ」と話す。

 現在、市では広報などを利用し、市民に向けた利用促進活動を行っている。また、コスト面の問題もあるため、「(存続した場合でも)利用料金を見直す必要があるかもしれない」と市総務局は話している。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク