戸塚区版 掲載号:2013年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

環境大臣表彰 川上地区連合が受賞 自治会町内会では唯一

社会

石原伸晃大臣から表彰を受ける田中会長(右)
石原伸晃大臣から表彰を受ける田中会長(右)
 環境大臣が地球温暖化防止に顕著な功績を残した個人・団体を表彰する式典が12月4日に都内で行われ、横浜市の推薦を受けて応募していた川上地区連合町内会(田中猛会長)が、地域ぐるみで省エネ活動などに取り組み対策活動実践・普及部門で受賞した。

 地球温暖化防止月間にあたる12月に、環境省の主催で1998年度から始まった表彰制度。技術開発や環境教育など活動内容により分類された5部門に、今年度は自薦他薦による計204件の応募があり、そのうち45件が受賞した。

 同連合に所属する前田町町内会は2008年、CO2排出量削減を目的に家庭内のエネルギー使用量を可視化する横浜市の取り組み「環境家計簿」づくりに参加。翌年には電気・ガス・水道の項目に絞り、より実用的なものに改良した「節電チャレンジシート」を独自に作成。これに前年度から大きく使用料を削減した家庭を表彰する制度も設け、市会議員や東南アジアなどからも視察団が訪れるなど高い注目を集めた。

 10年には同連合に「川上地域エコ活動委員会」(高嶋威男事務局長)を立ち上げ、構成する全6自治会町内会に活動の規模を拡大。エコドライブにより車の燃費量などを競う市企画の「E1グランプリ」にも参加しているほか、流しそうめんなど同連合主催のイベントで発生したCO2排出量を専門業者に測定してもらい、これを換算した金額を北海道上川郡下川町の森林管理費にあてる「カーボンオフセット」にも取り組んでいる。

 また、この活動を契機に11年には同連合と戸塚区と下川町の3者で友好協定を締結。両地区の小中学生が互いの地域を訪問しあうなど、青少年育成活動にも展開している。

 田中会長は「受賞者は大手企業がほとんどで、自治会や町内会はわれわれだけだった。横浜市は一般家庭からのCO2発生量が全国的にみても多いので、各家庭も無頓着にならず温暖化防止活動に取り組むべき」と受賞の感想を述べた。

 また、高嶋理事長は「地味な活動だが、続けていくことが大事。今回の受賞が、区内の他地区にも活動が広まる後押しになってくれたら」と話していた。

下川町を訪問した川上地区の児童ら
下川町を訪問した川上地区の児童ら

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

おもしろ科学たんけん工房

小学4年~中学2年を対象に科学実験、手作り理科工作、自然観察等の体験塾を開催

http://www.tankenkobo.com/

初音丘学園

幼稚園教育は「人生100年時代」における第一歩です。

http://hatsunegaoka.ed.jp/

ウィッグでがん患者さまを応援!

明和企画は、ストレスフリーなウィッグ「ブリリアントブリーズ」を紹介しています

https://www.meiwa-kikaku.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

広報紙に県下最高賞

戸塚警察署辻本さん作

広報紙に県下最高賞

7月26日号

ムエタイで世界を狙う

戸塚町在住理崎さん

ムエタイで世界を狙う

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

区内2小学校で該当

不適合ブロック塀

区内2小学校で該当

7月19日号

俣野町で約20年ぶり公開

地元題材の大型絵本

俣野町で約20年ぶり公開

7月12日号

地域での介護予防に一役

区内の21グループ

地域での介護予防に一役

7月12日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「心のこもった芝居」続ける

区内の「劇団年輪」

「心のこもった芝居」続ける

8月5日 公会堂で公演

8月5日~8月5日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「きょうは漢方の話」

    仁天堂薬局のコラム

    「きょうは漢方の話」

    【4】夏風邪は胃腸の手当を

    7月26日号

  • 男のおしゃれ学

    第210回

    男のおしゃれ学

    「チカンやセクハラに遭わない服装」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    7月19日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク