戸塚区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

意見広告 30年後の子どもたちのため、財政に責任を! 横浜市会議員 鈴木太郎

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena

平成26年度予算案を可決

 横浜市会では去る3月25日に平成26年度横浜市予算案を議決しました。一般会計は前年度比1・4%増の約1兆4千億円となりました。この中には戸塚区に関連する事業として、戸塚駅の東西を結ぶアンダーパス工事完了に向けた整備費、舞岡方面の公園および霊園の設計費、深谷方面ケアプラザの設計費、旧戸塚駅行政サービスコーナー跡地を活用した女性起業家支援、東戸塚駅の混雑緩和に向けた調査費、名瀬ホームの跡地検討費などが盛り込まれています。

 時代に応じて必要な施策に予算を投入することが大切なのは言うまでもありません。一方で横浜市の生産年齢人口はすでに減少傾向であり、もともと個人市民税の依存率の高い横浜市では、将来にわたる財政の持続可能性にも注意を払わなければなりません。

持続可能な財政運営のために

 よこはま自民党は平成23年の横浜市会議員選挙に際し「責任と約束。」という公約集を公表しました。その中では8本の条例制定を目指しており、私はその中のひとつ財政健全化プロジェクトチーム(PТ)の座長を務めています。この3年間、政策シンクタンク、地方債アナリスト、大学教授など様々な有識者と意見交換を重ねてきましたが、ようやく条例案がまとまってきました。PТでは、持続可能な財政運営には、予算案を編成する市長とそれを議決する市会がともに責任を担って財政運営にあたることを条例で規定する財政責任条例という考え方で進めています。この条例では、財政運営を担う市長が中期的な財政目標を立てること、目標達成時の財政健全化判断比率の推計値を公表すること、そして、その目標達成に向けた取り組みを明らかにすることを求めています。どんどんお金を使っていては将来の財政運営が破たんする恐れがあります。一方で財政を締め付けるばかりでは十分な行政サービスを展開できません。大切なことは将来を見込んで計画的に財政を運営していくことであり、また、その状況が議会を通じて市民に見えるように情報を共有していくことです。

 私たちよこはま自民党は30年後の子どもたちのためにも持続可能な財政運営を実現する仕組みを創っておきたいと願っています。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

持続可能な神奈川へ、足元固めろ

県政報告 73

持続可能な神奈川へ、足元固めろ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月23日号

AIで戸塚駅西口交差点の問題把握

皆様の声をカタチに! 市政報告

AIで戸塚駅西口交差点の問題把握

横浜市会議員 中島みつのり

1月23日号

「世界の中の日本」の役割

国政報告

「世界の中の日本」の役割

自民党副幹事長 横浜市連会長 衆議院議員 さかい学

1月9日号

横浜・戸塚の未来のために

市政報告

横浜・戸塚の未来のために

横浜市会議員 坂本勝司

1月9日号

台風対策は次のステップへ

県政報告 72

台風対策は次のステップへ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

2020年のテーマは、「準備」

横浜市会報告

2020年のテーマは、「準備」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

「防災・減災」を社会の主流に!

皆様の声をカタチに! 市政報告

「防災・減災」を社会の主流に!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク