戸塚区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

「縁側文化」でつながりを 区内3事業所代表が企画

文化

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
(左から)坂本さん、後藤さん、柴田さん
(左から)坂本さん、後藤さん、柴田さん

 日本家屋にある「縁側」のように、人と人とがつながり合うきっかけの場をつくろうという「えんがわプロジェクト」が区内3事業所の代表により始まった。今後は各イベントに参加するなどし、活動の周知・拡大を図る。

 「以前は縁側で近所の人と会話をしたり、おばあちゃんが孫に知恵や大切な事を教えたりという文化があった」と話すのは、プロジェクトを立案した坂本写真スタジオ(戸塚町)の坂本貴光さん。縁側そのものが減り、どのようなものか知らない世代も出てきているなか、「縁側文化」を残し、伝承していきたいと思い立ったという。

 半年ほど前に近隣の仲間に協力を呼びかけ、企画に賛同したのが(株)春芳茶園(戸塚町)の後藤隆典さん、(有)朝日山陶芸(上柏尾町)の柴田陽子さん。9月12日には、善了寺(矢部町)の成田智信さんの協力により、1回目となる活動が実現した。当日は同寺院での講演会が始まる前に、坂本さんが企画の主旨を説明し、(株)春芳茶園提供のほうじ茶が(有)朝日山陶芸の茶器で来場者に振る舞われた。坂本さんは「イベントなどで座っている隣の席の知らない人とは、話さないことがきっと多いはず。『余計なお世話』かもしれないですが、昔ながらの『縁側のような友達づくり』や話のきっかけの場になれば」と話す。

 このプロジェクトは、「アートで町をつなぐ(仮称)」という活動が母体。コミュニケーションがとりやすい場や、障害のある人とそうでない人をつなぐ場など、目指すのは芸術や文化を通した、さまざまなきっかけづくりだ。

 今後はまず、区内で行われる予定のイベント主催者に企画を持ちかけ、イベントの参加者、来場者に「急須で入れたお茶を飲んでもらう」ところから始め、主旨への賛同者を増やしていきたいと話す。ゆくゆくは、初回の活動に協力した善了寺の本堂や茶室を拠点として活動していく予定。

 活動についての問い合わせは事務局(坂本写真スタジオ内)【電話】045・881・3181へ。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単ボトルオープナー作り

【 Web限定記事】手作り無料講座

簡単ボトルオープナー作り

1月23日、横浜市下倉田地域ケアプラザ

1月23日~1月23日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク