戸塚区版 掲載号:2014年10月2日号 エリアトップへ

子育て支援事業 「提供会員」不足が課題 増加目指し、PRに注力

社会

掲載号:2014年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の子育て支援事業「横浜子育てサポートシステム」。現在、戸塚区では学校への送迎や子どもの預かりなどを行う「提供会員」が不足していることが課題となっている。運営を受託している区支部事務局では説明会などを行い、会員増を目指す。



 この取り組みは、子どもを預ける「利用会員」、預かる「提供会員」、両方の「両方会員」の3種類の会員制。生後57日以上から小学6年生までの子どもを対象に、学校などへの送迎や放課後の預かりのほか、通院や親のリフレッシュなどに利用できる。これまでは送迎の依頼が多かったが、最近は迎えに行った後に拠点などで預かってほしいという依頼も増えている。

 市は昨年10月、区支部事務局を地域子育て支援拠点「とっとの芽」に移管。常駐する専門スタッフが拠点内の広場で説明や預かりができるなどの利点も増えた。だが移管当初から課題となっているのが子どもを預かる「提供会員」の不足だ。区内では利用会員が462人なのに対し、提供会員は119人。両方会員36人を含めても3・2人に1人の割合に留まる。

 提供会員が不足する一方で、年度ごとに更新する人の割合は、提供会員・両方会員ともに9割以上。事務局では会員一人ひとりに電話で積極的に更新を呼びかけたという。提供会員からは「迎えに行くと走って出て来てくれた。名前を覚えてもらいうれしい」など、活動のやりがいを感じたという声も。提供会員には子育てを終えた女性が多いが、男性や子育て中の人もいるという。事務局では、外部での出張説明会などを増やすなど、PRの場を広げ、幅広いニーズに対応すべく会員増を目指している。直近では10月9日(木)に説明会を予定。個別の説明もあり。

 問い合わせは、事務局【電話】045・443・5384(火〜土曜日の午前9時30分〜午後5時)へ。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

コロナ対策見据え 編成

2021年度戸塚区予算案

コロナ対策見据え 編成 社会

4つの視点を重視

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

集団接種、戸塚はスポセン

新型コロナワクチン

集団接種、戸塚はスポセン 社会

市、3月下旬から順次通知

2月25日号

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介

【Web限定記事】区が販路拡大・人材確保に協力

横浜・戸塚区の17製造業を冊子で紹介 経済

2月18日号

CO2削減に向け、範示す

【Web限定記事】戸塚区選出の議員団

CO2削減に向け、範示す 社会

北海道下川町のカーボン・オフセット・クレジット購入

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

収穫体験や作陶を実施

収穫体験や作陶を実施

6日・7日 舞岡ふるさと村

2月27日~3月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク