神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2015年5月6日 エリアトップへ

杉原科学技術研究所を戸塚に構え、水質の改善やクリーンエネルギーを創る活動をする 杉原淳(すなお)さん 金沢区在住 73歳

公開:2015年5月6日

  • LINE
  • hatena

誠実という真実を見る

 ○…「大学時代から環境、エネルギーが研究の対象だった。地球環境が悪くなっていることについて常に危惧していた」と胸の内を明かす。現在会社の技術顧問を2社担い、水や半導体、ごみ焼却についての技術コンサルティングを行う。研究所では、水の浄化や水からクリーンエネルギーを創る活動を行う。東日本大震災を受け、昨年9月に福島県で登録された「NPO法人光と水の研究所」の理事長にも就いた。「放射能対策を行政に提案しても対応になかなか手が回らないようだった」と被災後に感じた、やり切れなさを吐露する。1カ月に一度は現地に出向き稲などの放射能の汚染度を調べ、積極的に水田の放射能を低減する活動を続けている。

 ○…京都で生まれ育つ。大阪の大学で博士号をとり、原子力関連の会社に17年間務め、湘南工科大学の教授、神奈川大学の客員教授として教壇にも立った。被災地での活動は2011年から進め、12年にはフィールドテストとして水田での放射線汚染度のテストを繰り返す。13年には活動域を広げ、桑畑やしいたけなどについて、放射能低減の働きかけを行う。

 ○…趣味は音楽鑑賞や各地の美術館巡り。「小さい頃からいろんな石を集める事が好きだった」と目を輝かせる。おとなしかった幼いころは、色々なスポーツを「遊び程度にしていた」という。テニスや野球、水泳。「柔道も少しだけね」と笑顔。好きな言葉は「誠実」。「誠実であることは、結局物事の真実を見つめようとする事につながるからね」

 ○…水質改善活動の一環として、今後クリーンエネルギーの開発へシフトする。地域活性化も見据え地域住民と一体となった取組みを思い描く。「この街には柏尾川が流れる。とても恵まれていること」と戸塚の魅力を熱く語る。「これからは活動の一環として、川をきれいにし、春にさらにきれいな桜を見る事が出来れば」と今後の展望を語った。

戸塚区・泉区版の人物風土記最新6

永木 宏一郎さん

この春から戸塚図書館の館長に就任した

永木 宏一郎さん

中区在住 60歳

5月23日

小檜山 ルイさん

フェリス女学院大学で今年4月から学長を務める

小檜山 ルイさん

都筑区在住 66歳

5月16日

阿部 英弥さん

この春から泉消防署の署長に着任した

阿部 英弥さん

和泉中央北在勤 49歳

5月9日

河野 宏紀さん

4月から戸塚消防署の署長に着任した

河野 宏紀さん

戸塚町在勤 53歳

5月2日

永吉 和弘さん

この春から戸塚警察署署長に着任した

永吉 和弘さん

戸塚町在勤 54歳

4月18日

小山内 章さん

この春から泉警察署の署長に着任した

小山内 章さん

泉区和泉町在勤 54歳

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook