戸塚区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

県政報告㉓ アスリートの「育成」と「セカンドキャリア」、県の中長期的スポーツ振興に 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け「神奈川育ちのオリンピアン」を育て、若手有望アスリート及びその指導者を支援することで後々の本県のスポーツ振興に寄与するための支援事業を行っています。

 具体的には、アスリート育成事業や育成指導者支援事業、パラリンピアン育成事業等が該当し、規定の活動経費を助成するものです。

 このように、スポーツという明るい話題で神奈川を盛り上げ、大会開催後にも目を向けた中長期的な取組みの活性化は、とても大切なことだと考えています。

中村紀洋さんと意見交換

 私は今月、プロ野球の大阪近鉄や横浜DeNAなどで活躍した中村紀洋さんを兵庫県西宮市に訪ね取材しました。テーマは、アスリートの「育成」と「セカンドキャリア」。

 生涯現役を掲げる中村氏は、現在、スポーツ選手を夢見る子どもたちへの指導や、中高年の体力アップを応援するため、同市に「Nʼs Method(エヌズメソッド)http://n-method.jp」という事業所を開設。スポーツ医科学に精通したトップトレーナー等の専門スタッフとともに活動しています。

 そこでは、子どもたちに対し【1】痛みを我慢しがちな子どもに無理をさせず、怪我をさせない【2】考える力を養う=プラス思考への方向づけ【3】「技術は最後」――という方針。同時に、成長を止める恐れのある筋トレは行わず、体幹トレーニングと呼吸法を重視。この理論(Method)はすべてのスポーツに通じるとともに「未病対策」にも相通じます。今回の取材を、県全体の政策に活用したいと考えます。

セカンドキャリアも重要

 そしてもう一つ重要なのはアスリートの引退後のセカンドキャリア。アスリートを育てるだけでなく、再就職を含めた、生涯全体を考えることも必要です。

 新規事業にも取り組む中村氏には現場からの意見も伺いました。本県スポーツ政策の充実のため「アスリート育成」だけでなく「セカンドキャリア活用支援」にも目を向けてまいります。
 

中村紀洋さん(右)と対談する北井
中村紀洋さん(右)と対談する北井

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

経済的理由で中退させるな

県政報告 106

経済的理由で中退させるな

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月13日号

市の未来へ今年も全力投球

ガッツ市政政告【8】

市の未来へ今年も全力投球

横浜市会議員 坂本勝司

1月6日号

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会報告

2022年のテーマは「再起動」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

コロナ禍での災害対策強化へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

コロナ禍での災害対策強化へ!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

人口減少社会へ準備せよ

県政報告 105

人口減少社会へ準備せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

子どもの幸せと家庭教育

元ワーキングママがゆく 45 市政レポート

子どもの幸せと家庭教育

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook