戸塚区版 掲載号:2018年5月3日号 エリアトップへ

戸塚区 駅周辺を花いっぱいに 新事業で住民と協働

社会

掲載号:2018年5月3日号

  • LINE
  • hatena
東戸塚駅西口の駐輪場脇に設置されているプランター(左)と戸塚駅西口に置かれたデッキ
東戸塚駅西口の駐輪場脇に設置されているプランター(左)と戸塚駅西口に置かれたデッキ

 戸塚区は戸塚駅と東戸塚駅周辺に季節の花々を設置する新事業をスタートさせる。植栽や管理をする区民ボランティア組織も立ち上がっており、官民協働で街に彩りを与えていく。

 107万円の予算がつけられた新事業。駅周辺や道路に花を飾ることにより、快適な生活環境づくりを大切にする機運を地域で高めていくことなどを目的としている。

緑化フェアが契機

 主幹する戸塚土木事務所によると、昨年行われた「全国都市緑化よこはまフェア」を契機に芽生えた「花できれいなまちづくり」を継続・発展する取り組みという。同フェア開催に伴い、同事務所は、戸塚駅西口デッキに記念ガーデンを、東戸塚駅西口の駐輪場横にプランターを設置。今年度も両所を中心に花を植栽していく方針だ。

 予定しているのは、春はサンパチェンス、夏はベゴニアやサルビア、秋・冬はパンジーやビオラなど、四季折々の花々。同事務所が花や苗を用意し、実際の管理は地域住民の手によって行われる。

次年度以降も継続

 今回運営組織として結成されたのが「花さかクラブ」。両駅周辺の自治会や町内会、ハマロードサポーター、公園愛護会、企業、商店会などで構成されているもの。今後定期的に会合を重ねながら効果的に花を咲かせ、維持させるための植栽の時期や方法などを話し合っていくという。

 戸塚駅周辺に住む一人は「きれいな花が咲くのを楽しみにしている」と語り、戸塚土木事務所担当者は「地元の皆さんが活動しやすいように的確なバックアップを続ける。次年度以降には、舞岡駅、踊場駅でも同様の事業を行いたい」と話す。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

戸塚の魅力 発信に一役

地元アーティスト

戸塚の魅力 発信に一役 文化

区商連とMV撮影

2月20日号

つるし飾り祭り、10年で幕

平戸町地域団体

つるし飾り祭り、10年で幕 文化

メンバー高齢化のため

2月20日号

設立5年目で全国へ

区内中学生軟式野球チーム

設立5年目で全国へ スポーツ

東日本大会を初優勝

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

新型車両を導入

小雀地区乗合バス

新型車両を導入 社会

継続のため、活用促す

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

一部区間、駐停車禁止に

戸塚駅西口

一部区間、駐停車禁止に 社会

区らが24日から社会実験

2月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク