戸塚区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

舞岡町やまぶき工房 精神障害者の就労に尽力 新所屋完成機に活動拡大

社会

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena
新所屋前に立つスタッフ(写真右が福島施設長)
新所屋前に立つスタッフ(写真右が福島施設長)

 精神障害者などが通所する地域活動支援センター「やまぶき工房」(舞岡町3438の1)が9月に新所屋を完成させ、新たなスタートを切っている。来秋には通所者の就労機会拡充を目指した取り組みを始める予定もあり、活動の幅が広がっている。

 「やまぶき工房」は33年前、統合失調症やうつ病などの精神疾患がある人の家族などが市の助成を受ける形でスタート。「物づくり」に取組んでもらうことで通所者の回復を促そうと、本革製品の製作・販売を行ってきた。05年には工房を運営するNPO法人Green Windを設立、地域住民、近隣小学校との交流なども図ってきている。現在ほぼ毎日通所しているのは25人(登録者は45人)。午前中は本革でオブジェや財布、ブックカバーなどの製作、昼食をはさんで午後は自由作業にあてている。施設長の福島政雄さんは「一緒に作業をしていく中でメンバーの方々が深いところで共感し合っていることがわかる」と話す。

サービス拡充など図る

 そんな中、施設が老朽化したことから、同所に新所屋を先月完成させた。それに伴い新たな取り組みに次々着手しており、来秋には通所者が自分のペースで作業に従事できる「就労継続支援B型事業所」への移行を予定。これにより、賃金アップなどサービス拡充が図れる可能性がある。また、施設内で「こども食堂」を開くことも決まっている。

 福島施設長は「自分で働く時間を決められる事業所を目指している。今後も安全で自由に自らを表現できる場でありたい」と語る。

 製品は施設、市営地下鉄ブルーライン戸塚駅構内(第1火・第3木の午前10時30分〜午後2時)などでも購入できる。

奇麗な革製品。100円〜購入できる
奇麗な革製品。100円〜購入できる

戸塚区版のトップニュース最新6

県保健衛生表彰を受賞

品濃町苅谷さん

県保健衛生表彰を受賞 社会

戸塚区内で唯一

7月22日号

初のシニアスマホ講座

戸塚区

初のシニアスマホ講座 社会

コロナ禍の“交流”促進狙う

7月22日号

試合中の避難訓練を体験

サッカーチーム所属児童

試合中の避難訓練を体験 教育

戸塚に本部置く団体 企画

7月15日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月15日号

コロナ禍の中、七夕飾り

戸塚小南戸塚小児童

コロナ禍の中、七夕飾り コミュニティ教育

商店会「喜ばせたい」と企画

7月8日号

2年連続中止に

八坂神社「お札まき」

2年連続中止に 文化

コロナ感染防止のため

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゴスペルコンサート参加者募集

【Web限定記事】戸塚ゴスペルコンサート実行委員会

ゴスペルコンサート参加者募集

初心者歓迎 全4回のプロ指導

7月1日~7月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter