戸塚区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

県政報告 53 医療保険制度を守るための「破壊的創造」を 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena

 私は、現在開会中の第3回定例会・厚生常任委員会で「医療費適正化計画とSDGs」について質疑を行いました。

 同計画は、増え続ける医療費を抑えるため県が策定し、今年度から第三期がスタート。2023年度に約377億円の削減を図る方針です。しかしこの削減割合は、医療費全体のわずか1%強で、この数値が「削るだけ」の限界点。少子高齢化は加速し、この甘い計画では将来的に医療保険制度は維持できません。

 一方の「SDGs」は、15年の国連サミットで採択された持続可能な開発目標。貧困や経済成長など17の課題改善がテーマです。その1つに健康的な生活を確保する「保健」も含まれますが、医療保険制度を持続可能にするには「破壊的創造」が必要。

 30年に医療給付費は全国で55兆7千億円と見込まれ、どこまで抑制できるかが鍵。しかし県は、制度設計は国の義務であるとし、県独自の持続可能な抑制額は積算しない考え。そこで私は、県自ら積算し、国に「持続不可能」を訴えるよう求めました。今までの秩序=システムの再構築以外に、道は無いのです。

県の意思を国に示せ

 国は医療保険制度を維持するため「保険給付の適正化」や「負担能力に応じた公平な負担」などを検討。結局、負担額は増え、ツケは県民に廻るのです。知事は本県を「SDGs先進県」としてアピールしているのですから、何もかも国におまかせの他力本願ではなく、国に県の意思を猛烈にアピールするように訴えました。

 私は県民の健康と財産を守るため、今後も働きかけを続けます。

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

国民の生命と財産を守るために

国政報告

国民の生命と財産を守るために

内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

1月7日号

小さな声を聴く力を大切に!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小さな声を聴く力を大切に!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

果敢に挑戦する県庁であれ

県政報告 89

果敢に挑戦する県庁であれ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

「脱炭素化」の大きなチャンス

元ワーキングママがゆく 39 市政レポート

「脱炭素化」の大きなチャンス

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

2021年のテーマは「些細」

横浜市会報告

2021年のテーマは「些細」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

新型コロナ、改めて警戒を!

県政報告

新型コロナ、改めて警戒を!

神奈川県議会議員 そがべ久美子

12月24日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

健康の目標を立ててみよう!

新年あけましておめでとうございます。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク