戸塚区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

区内6連合町内会 「川上の百年史」を上梓 明治からの歴史まとめる

社会

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena
今回の冊子(右)と柏尾の百年史
今回の冊子(右)と柏尾の百年史

 旧川上地区(※)にあたる6つの連合町内会エリアの歴史をまとめた冊子「川上の百年史」が3月に上梓する。各エリアから編纂(へんさん)委員を選出し2017年から約2年をかけて作り上げてきた。

 A4サイズ、カラー、約160ページからなるこの冊子。地域の成り立ちや、暮らし、インフラ、史跡、学校、行政機関など様々な方面から「川上」の歴史を文章と写真を中心に紹介している。

 この100年で最も大きな変化は急激な人口の増加だ。昭和初期は3000人に満たない地域だったが、現在は9万人が生活。水田が広がっていた景色も大きく変化した。「まちが変わるタイミングには必ず意見の対立がある。それをなんとか調整してきた先人がいた」と話すのは、編纂委員会の委員長を務めた齋藤純一さん(柏尾地区連合町内会会長)だ。住民がみずからの手でまちを作ってきたからこそ「編纂も自分たちの手で行い、次の世代につなぐことが大切」という思いがあった。

「資料が残るきっかけに」

 この冊子の土台となったのは、齋藤さんを中心に柏尾町内の有志が12年に制作した「柏尾の百年史」だ。好評を得て、15年には上柏尾町も含めた「柏尾の百年史 第2期版」を制作している。その後近隣地区から希望があり、対象を「川上」に広げた冊子づくりが動き出した。柏尾町にとって今回の冊子は「第3期版」にあたる。

 これまで続けてきたことで、地域住民から町内会宛に、まちの歴史を物語る資料が寄せられるようになったという。「捨てられたかもしれない資料が残るきっかけになったという点で価値があったのでは」と話す。

 約2年を要した編纂作業。各エリアが協力し、まとめていく作業は一筋縄ではいかなかったが「この期間に生まれた協力体制こそが財産。これが次の発展への原動力になれば」と話す。

 冊子は1万3000部作られ、地域の学校などに配布される。販売価格300円(送料別・旧川上地区内の町内会加入者は金額が異なる場合も)。

 問合せは齋藤さん【メール】jun_saitoh1947@kuh.biglobe.ne.jp

経緯を語る齋藤さん
経緯を語る齋藤さん

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

区内全小学校で「周年給食」

区内全小学校で「周年給食」 教育

地場産食材で郷土愛育む

6月13日号

高齢者事故が増加傾向

戸塚区内

高齢者事故が増加傾向 社会

全体の発生件数は減少

6月13日号

「障害児の母」から「私」へ

小雀町小林さん

「障害児の母」から「私」へ 社会

自分らしさフラで見つける

6月6日号

外国人10万人超え

横浜市

外国人10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 教育

コールセンター開設も

5月30日号

「絵本コンサート」続け20年

矢部町在住ピアニスト西本さん

「絵本コンサート」続け20年 文化

生の音で感性育てる

5月30日号

全国への切符手に入れる

舞岡中野球部

全国への切符手に入れる スポーツ

市大会で優勝果たす

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて学ぶ「戸塚の歴史」

歩いて学ぶ「戸塚の歴史」

7月13日 上倉田町周辺

7月13日~7月13日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第222回

    男のおしゃれ学

    「口は災いの元」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    6月13日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク