戸塚区版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

2020年度戸塚区予算案 生活に関わる事業に重点 防災・減災も強化

社会

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 2020年度の戸塚区の自主企画事業予算案が発表された。生活全般に関わる取り組みの充実を図りながら、特に重点を置いたのが「とつかハートプラン」(地域福祉保健計画)の推進。その一方で、引き続き災害に強いまちづくりを目指した施策にも注力する。

 新年度の自主企画事業費は、1億439万2千円計上されており、取り組む事業を大きく5項目に分けている=表参照。

 区がもっとも大きな予算を充てたのが「誰もが安心して健やかに暮らせるまちづくり」。19年度から約750万円増額している。とりわけ重点を置くのがとつかハートプラン推進事業だ。これは区民や団体、区社会福祉協議会等の協働により共に支え合い、助け合う地域社会を目指す指針のこと。16年度〜20年度にかけて行う5か年計画として進められてきたが、20年度ではこれまでの取り組みを総括しながら、次の5年につなげていく内容を盛り込んだ。一方で区民意識調査でわかった認知度への課題について、さまざまな手法でPRしていくという。

駅バリアフリー計画

 新規の取り組みも数多く行う。その一つに、戸塚駅バリアフリーサイン検討事業に400万円を計上。18年度策定された「戸塚区バリアフリー基本構想」に基づき、戸塚駅周辺、中でも東口の動線がわかりづらいという指摘から、案内サインをよりわかりやすいものにする検討を進めていく。

 また、災害時の口腔ケア啓発のためのリーフレットづくりや幼児の食育教室、女性と子どものための法律相談の実施なども計画。そのほか認知症高齢者等SOSネットワーク事業内のリーフレット作成や、地域包括ケアシステム構築推進事業も新しく行っていく。

出前講座で自・共助推進

 防災事業も引き続き重視。18年度から試験的に実施してきた防災出前講座を本格的に始動する。マンションにおける自助や共助推進のため管理組合や自治会向けに出前講座を行い、より災害に強いまちづくりを目指す。

 区の担当者は「誰もが安心して健やかに暮らせるよう関係者と協働してまちづくりを進めてきた。自然災害の脅威にも対応しつつ、将来を見据えた様々な取り組みを行う」と話した。

新年度も予定する「とつか減災フェア」
新年度も予定する「とつか減災フェア」

戸塚区版のトップニュース最新6

明学生中心の団体 受賞

県ボランタリー賞

明学生中心の団体 受賞 社会

ベトナム等への支援 評価

4月2日号

「おもてなし」で星2つ

品濃町コナカ

「おもてなし」で星2つ 経済

経産省から連続認定

4月2日号

「春」あふれる絵画展に出展

矢部町在住洋画家・清水さん

「春」あふれる絵画展に出展 文化

華やかな作風が人気

3月26日号

ポイント事業 10年目へ

南戸塚地域ケアプラザ

ポイント事業 10年目へ 社会

地域振興・健康増進に一役

3月26日号

「手洗い・消毒の徹底を」

戸塚共立病院感染症専門家

「手洗い・消毒の徹底を」 社会

家庭内コロナ対策 聞く

3月19日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

介護施設の紹介はハピネス

入居時の身元保証は一般社団法人 高齢者住宅支援機構へ

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク