戸塚区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

横浜市会報告 臨時会でコロナ対策補正予算を審議! 横浜市会議員 鈴木太郎

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市会は臨時会を開き、新型コロナウイルス感染症による影響に対応するための補正予算案を審議しています。緊急事態宣言が延長されるなか、国及び県と連携しながら横浜市として進める対策として過去最大規模の約5千743億円の補正予算案となっています。事業内容は大きく次の3分野に分類されます。【1】感染拡大防止策と医療提供体制の整備に約145億円【2】国民一人当たり10万円を給付する特別定額給付金など市民生活の支援に約3千846億円【3】企業・事業活動の支援として約1千753億円。

医療機関を支援

 旧市民病院での軽症者等の受入体制を整えるとともに、重症・中等症者等の受入体制を整える医療機関を支援。また、医療機関、高齢者施設及び障害者施設の感染拡大防止を図るため、市が一括してマスクなどを調達し各施設に配布するほか、市医師会の協力を得て、PCR検査の簡易検体採取を10箇所程度で実施します。

子供に1人1台端末

 学校休業時における子供たちの教育環境の充実と感染症の拡大防止のため、当初、令和5年度までとしていた「1人1台端末」を実現する計画を今年度中に前倒し、必要となるタブレット型P C端末(合計約26万台)を購入します。また、インターネット環境が整っていない家庭向けに約4千台のモバイルルータを貸与するとともに利用料を負担します。

給付金は市が窓口

 国民1人当たり10万円が給付される特別定額給付金は、市が事務を司ります。給付は、郵送申請方式、または、マイナンバー・カードを用いたオンライン申請方式で受け付け、指定銀行口座に振り込まれます。出来る限り早期に申請書の送付、給付金の支給が出来るよう準備を進めています。

経済対策にも力点

 著しい影響を受けている市内経済対策は、市内中小企業の資金繰り支援のため3千万円を限度に無利子(3年間)・無担保・措置期間60カ月の新たな融資メニューを創設。全体の融資枠を1千400億円から5千億円に拡大するため預託金を増額します。地域コミュニティの核である商店街等に対して加盟店舗数×10万円を支給します。

 いち早く補正予算案を可決・成立させ、各支援が速やかに実行されるよう働きかけていきます。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

主婦感覚を活かして提言

元ワーキングママがゆく 35 市政レポート

主婦感覚を活かして提言

横浜市会議員 伏見ゆきえ

7月2日号

定額給付金、確実に届けたい

皆様の声をカタチに! 市政報告

定額給付金、確実に届けたい

横浜市会議員 中島みつのり

6月18日号

コロナ便乗商法から県民を守れ

県政報告 81

コロナ便乗商法から県民を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月11日号

ウイルスから福祉現場を守れ

県政報告80

ウイルスから福祉現場を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月4日号

1人でも多くの人に支援を!

ガッツ市政報告【2】

1人でも多くの人に支援を!

横浜市会議員 坂本勝司

5月28日号

命と生活を守る補正予算

皆様の声をカタチに! 市政報告

命と生活を守る補正予算

横浜市会議員 中島みつのり

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク