戸塚区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

ヨコハマ市民まち普請事業 小雀町の団体 1次通過 車椅子で集える拠点 提案

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
コンテストで使用した地域の概況を伝える用紙を持つ奥山代表(左)と小谷哲夫副代表
コンテストで使用した地域の概況を伝える用紙を持つ奥山代表(左)と小谷哲夫副代表

 2020年度の「ヨコハマ市民まち普請事業」1次コンテストが10月10日に市役所で行われ、区内からは、小雀町の不登校児や発達障害児などの支援を長年にわたり続けているボランティアグループの提案が通過した。

 身近な生活環境の課題改善のため、ハード面の整備を主体的に行う市民グループに市が最高500万円の助成金を交付する同事業。今年度は11グループからの提案があり、有識者が審査するコンテストの結果、6グループの提案が来年3月に開催される最終の2次コンテストに進んだ。

障害の有無関係なく支援

 区内から選ばれたのが小雀町の「ぐるーぷ・ちえのわ事業検討委員会」(奥山雅子代表)だ。同委員会は、1987年に結成された「ぐるーぷ・ちえのわ」のメンバーで構成。当時小雀小学校の個別支援学級の教員だった奥山代表が「障害の有無に関係なく、子ども達が一緒に楽しく活動できる場づくりをしたい」と願いスタート。06年に現在の拠点となる民家を借り、「第1ホーム」を立ち上げた。以後、同敷地内に17年までに4軒のホームを開設。各ホームでは、小中学生への学習支援、発達障害児などを支援する余暇活動、一般の人も多数参加する染色、織物、陶芸の体験活動など多岐にわたる。

 今回「まち普請事業」に提案したのは、車椅子の人も集える多目的交流スペースの開設。今年5月、敷地内の借家が空いたこと、以前から車椅子利用者がホームに訪れていたことから奥山代表らが「バリアフリー化された5つ目となる新ホームを作り、高齢者支援もしたい」と考えたという。

 10日に開かれたコンテストでは、スロープ、段差のないフロアーを設置し、地域住民など誰でも立ち寄れるコミュニティーカフェ、染め・織り、陶芸などができるワークショップの実施などの案を紹介。審査員から高評価を得た。奥山代表は「2次通過を期待している。支えてくれた小雀町の方々に恩返しできるスペースにしたい。教え子たちも一緒に働けたら嬉しい」と話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単ボトルオープナー作り

【 Web限定記事】手作り無料講座

簡単ボトルオープナー作り

1月23日、横浜市下倉田地域ケアプラザ

1月23日~1月23日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク