戸塚区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

ヨコハマ市民まち普請事業 小雀町の団体 1次通過 車椅子で集える拠点 提案

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
コンテストで使用した地域の概況を伝える用紙を持つ奥山代表(左)と小谷哲夫副代表
コンテストで使用した地域の概況を伝える用紙を持つ奥山代表(左)と小谷哲夫副代表

 2020年度の「ヨコハマ市民まち普請事業」1次コンテストが10月10日に市役所で行われ、区内からは、小雀町の不登校児や発達障害児などの支援を長年にわたり続けているボランティアグループの提案が通過した。

 身近な生活環境の課題改善のため、ハード面の整備を主体的に行う市民グループに市が最高500万円の助成金を交付する同事業。今年度は11グループからの提案があり、有識者が審査するコンテストの結果、6グループの提案が来年3月に開催される最終の2次コンテストに進んだ。

障害の有無関係なく支援

 区内から選ばれたのが小雀町の「ぐるーぷ・ちえのわ事業検討委員会」(奥山雅子代表)だ。同委員会は、1987年に結成された「ぐるーぷ・ちえのわ」のメンバーで構成。当時小雀小学校の個別支援学級の教員だった奥山代表が「障害の有無に関係なく、子ども達が一緒に楽しく活動できる場づくりをしたい」と願いスタート。06年に現在の拠点となる民家を借り、「第1ホーム」を立ち上げた。以後、同敷地内に17年までに4軒のホームを開設。各ホームでは、小中学生への学習支援、発達障害児などを支援する余暇活動、一般の人も多数参加する染色、織物、陶芸の体験活動など多岐にわたる。

 今回「まち普請事業」に提案したのは、車椅子の人も集える多目的交流スペースの開設。今年5月、敷地内の借家が空いたこと、以前から車椅子利用者がホームに訪れていたことから奥山代表らが「バリアフリー化された5つ目となる新ホームを作り、高齢者支援もしたい」と考えたという。

 10日に開かれたコンテストでは、スロープ、段差のないフロアーを設置し、地域住民など誰でも立ち寄れるコミュニティーカフェ、染め・織り、陶芸などができるワークショップの実施などの案を紹介。審査員から高評価を得た。奥山代表は「2次通過を期待している。支えてくれた小雀町の方々に恩返しできるスペースにしたい。教え子たちも一緒に働けたら嬉しい」と話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

「音楽への情熱衰えず」

戸塚区出身オオゼキさん

「音楽への情熱衰えず」 文化

市立校歌の詞曲も担当

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

子ども元気づける音楽を

名瀬町の一般社団

子ども元気づける音楽を 社会

CF活用、ネット配信も

4月22日号

「コロナ対策、再徹底を」

吉泉戸塚区長

「コロナ対策、再徹底を」 社会

新年度の取組み語る

4月22日号

青少年育成し、半世紀へ

ボーイスカウト横浜第87団

青少年育成し、半世紀へ 教育

戸塚駅周辺で活動中

4月15日号

太鼓芸能集団で活躍中

上倉田町出身中谷憧さん

太鼓芸能集団で活躍中 文化

5月から全国ツアー参加

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • とつか歴史探訪

    とつか歴史探訪

    ■〜旧東海道・戸塚宿を訪ねる〜第62話 〜源頼朝が進軍した鎌倉道中道〜 

    4月29日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter