戸塚区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

横浜市会報告 財政踏まえた、学校建替えを 横浜市会議員 鈴木太郎

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

何が問題なのか

 横浜市の学校は小中高、特別支援学校を合わせて500校を超えます。多くが昭和40年代〜50年代に建てられた校舎で老朽化が進み、計画的な建替えが必要。平成29年度に「市立小・中学校施設の建替えに関する基本方針」が策定され、昭和56年度以前に建設された384校は、築70年に達する令和33年度までに建替完了となっています。費用は約1兆円を試算しています。

 今年9月市は、長期財政推計を公表し、令和47年度までの将来の財政状況を試算。これは「持続可能な都市経営を行うには、予想される姿を明らかにすることが必要」と鈴木太郎がかねてから訴えてきたことが形になったもの。試算によると、人口減少・超高齢化の進展により、市税収入の減少と扶助費と呼ばれる福祉的経費の増加が見込まれ、令和47年度には単年度予算編成で約2千億円の赤字を予想。現在の市の予算規模が約1兆7千億円ですから10%以上の赤字です。この事態を避けるには、収入を増やし、支出を減らすこと。支出のなかでも既存の公共施設の維持更新費用の効率化が鍵。学校施設は市の全ての公共建築物のうちの約40%を占めており、その対応は極めて重要です。

政策のゴールを大切に

 なんのための学校建替えか再考すべきです。古くなった施設で子供たちが安全に教育を受けられない状況は何としても避けたい。しかし、財政的な負担を減らす検討も不可欠。建替えは統廃合や他の公共施設との複合化などダウンサイジングを図ることが必要です。決して受けの良い政策ではありませんが、結果的に子供たちを不利益から守れます。政策のゴールを間違えてはいけません。

戸塚小学校も検討へ

 間もなく創立150周年を迎える戸塚小学校が、今年度から建替え検討を始める6校の一つに選出。隣接する戸塚センターには、図書館・地区センター・公会堂・下水ポンプ場も設置されています。建替えには、同校と同センターとの複合化も検討すべきです。鈴木太郎は、9月の市会でこの件を提案し、教育委員会からは、「戸塚センターとの再編整備の可能性について検討を進めている」旨の答弁がありました。難しい課題ではありますが、逃げずにチャレンジします。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

国民の生命と財産を守るために

国政報告

国民の生命と財産を守るために

内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

1月7日号

小さな声を聴く力を大切に!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小さな声を聴く力を大切に!

横浜市会議員 中島みつのり

1月1日号

果敢に挑戦する県庁であれ

県政報告 89

果敢に挑戦する県庁であれ

神奈川県議会議員 北井宏昭

1月1日号

「脱炭素化」の大きなチャンス

元ワーキングママがゆく 39 市政レポート

「脱炭素化」の大きなチャンス

横浜市会議員 伏見ゆきえ

1月1日号

2021年のテーマは「些細」

横浜市会報告

2021年のテーマは「些細」

横浜市会議員 鈴木太郎

1月1日号

新型コロナ、改めて警戒を!

県政報告

新型コロナ、改めて警戒を!

神奈川県議会議員 そがべ久美子

12月24日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

健康の目標を立ててみよう!

新年あけましておめでとうございます。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク