戸塚区版 掲載号:2020年12月10日号 エリアトップへ

県政報告 88 冬場の学校での手洗いに課題 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2020年12月10日号

  • LINE
  • hatena

 学校や保育園等における感染防止対策の「冬場の課題」について、私が9月の本会議で指摘。その後の県教委等との協議の経過をご報告します。

 文部科学省の学校・幼稚園における新型コロナのマニュアルによる手指の衛生管理は、「手洗いは30秒程度かけて水と石鹸で丁寧に洗う」、となっており、特に「すすぎは流水で15秒」です。またアルコール等の消毒液は、あくまでも補助的な使用に限定。そして保育所の感染症対策ガイドラインも、学校とほぼ同様の内容です。

冷たい真冬の水道水

 学校のマニュアルでは、1日に7回前後の手洗いが必要。しかし、水道水の温度が「冷蔵基準」の10℃以下になる1月〜2月に、流水での15秒のすすぎは現実的とは思えません。中・高生はともかく、今どきの小学生たちが、冷たい水で丁寧なすすぎを実行出来るでしょうか。身近な子供たちに、真冬の手洗いについて訊ねたところ、答えは予想通りでした。

 県内公立小学校の児童数=約45万人が、アルコール消毒液3ccを1日に7回使ったとすると、約1万リットル。手指消毒用のアルコールは酒税並みに課税されており高額なため、毎日・約1千万円分を消費してしまいます。水道水の加温装置の整備も効果的ですが、いずれも財政的に困難です。

 これまでも冬場は、インフルエンザによる学級・学校閉鎖がありましたが、この手洗いの課題と無関係ではないと考えます。県教委は、子供たちに手洗いの重要性を理解させ、手洗いを徹底させるとしています。当面は見守りつつも、子供たちの感染防止の最善策を追求して参ります。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

皆様の声をカタチに! 市政報告

国会・県会と連携し、コロナ対策前進

横浜市会議員 中島みつのり

9月23日号

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会報告

大切なのは持続可能な財政の確立

横浜市会議員 鈴木太郎

9月9日号

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

山中竹春新市長誕生、政府は臨時国会の早期開催を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

9月2日号

デジタル化で負担を軽減

元ワーキングママがゆく 43 市政レポート

デジタル化で負担を軽減

横浜市会議員 伏見ゆきえ

9月2日号

AI活用し、地域の課題改善へ

皆様の声をカタチに! 市政報告

AI活用し、地域の課題改善へ

横浜市会議員 中島みつのり

8月26日号

協力要請の効果を検証せよ

県政報告 99

協力要請の効果を検証せよ

神奈川県議会議員 北井宏昭

8月19日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook