戸塚区版 掲載号:2021年3月18日号 エリアトップへ

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート 新年度予算を審議中です 県議会議員・松田よしあき

掲載号:2021年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 2度めの緊急事態宣言が発令されている今、県民の皆さんの不断の感染予防への努力に改めてお礼申し上げます。同時に、待望のワクチン接種が功を奏し、一気に収束へと向かうことを願ってやみません。

 さて県の令和3年度予算案を審議中です。コロナ対策を中心に包括的な防災への備えや、暮らし経済への支援を軸に過去最大の2兆484億円を計上しています。

 具体的には医療体制の維持とワクチン接種体制の整備、中小企業向け制度融資、就職・転職が困難な時期にあるとの認識による就労と雇用への支援、居住支援など生活支援制度などを計上。このほか幅広い防災対策として防災行政通信網の再整備や避難所の整備など震災対策事業に980億円、河川流域の堆積土砂撤去など風水害対策事業に435億円があてられています。

 また昨年の議会質疑により有事における議会の審議過程が見直され、迅速且つ効率的な議会運営の形が整いました。

「情報弱者」 見過ごさない

 一方、伝えるべき情報を的確に伝えきれているかという課題に直面しています。年齢、健康状態、生活状況などにより情報の入手手段は大きく異なります。感染予防や経過措置、今後のワクチン接種など生死を二分する局面において情報伝達は極めて重要です。

 現在、最速・最大の情報量を供給するインターネット、従来のテレビや新聞による情報伝達が重用されています。しかし、それ以外の手段で情報を入手する方々の層にも着目すべきです。

 具体的には県の定期刊行物や地域タウン誌、自治会町内会発行紙面や回覧板など「手で受け取れる」情報ツールの積極活用が求めらます。さらには5Gなどデジタルの進展による新たなツールの可能性もあります。

 自助・共助・公助の精神に則り、情報を発する側、受け取る側双方による健全な共有関係を確立させ、情報発信における「神奈川モデル」の進化に努めて参ります。

神奈川県議会議員 松田よしあき

TEL045-881-5055

http://www.matsudayoshiaki.com/

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

「脱炭素社会」目指す条例を

元ワーキングママがゆく 41 市政レポート

「脱炭素社会」目指す条例を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

5月7日号

小中学校に夜間照明設置へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小中学校に夜間照明設置へ!

横浜市会議員 中島みつのり

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

攻めに転じ、立ち向かえ

県政報告 93

攻めに転じ、立ち向かえ

神奈川県議会議員 北井宏昭

3月18日号

新年度予算を審議中です

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート

新年度予算を審議中です

県議会議員・松田よしあき

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter