戸塚区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

サッカーチーム所属児童 試合中の避難訓練を体験 戸塚に本部置く団体 企画

教育

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena
サッカーゴールを倒し、重さを意識させる訓練
サッカーゴールを倒し、重さを意識させる訓練

 県内サッカーチームに所属する小学生が、練習・試合中に災害に遭ったときの避難方法を学ぶ訓練を7月11日、深谷通信隊跡地グラウンドで行った。戸塚区に本部を置く、神奈川ローカルSDGsカップ実行委員会が主催。

 企業や一般社団法人、NPO法人、市議会議員などが幅広く名を連ねている同実行員会(武田幸光代表)。新型コロナの感染防止対策により、サッカーに取り組む児童たちが思うように練習・試合ができない状況が続いていたことを受け、場の提供をしようとしたことがこの取組みのそもそもの発端だ。

 委員会はその中で、貴重な試合ができるタイミングに合わせて、児童が家と親から離れている際に、災害が起きたことを想定した訓練が重要と判断。さらに、県内企業の環境改善に向けた取り組みも紹介する展示会も実施し、サッカーを通じて児童に「防災」と「環境」を楽しみながら学ぶ機会を設けた。

グラウンドの状況確認

 当日は、県内から8チームが参加。児童たちは災害が起こったことを想定し、グラウンドとその周辺の状況を確認するシート「どこでもチェック」を行った。項目の中には「AEDの設置場所は」「救急車を呼ぶときに必要となる、グラウンドがある住所は」「土地の海抜などの安全性は」など多岐に渡っている。

 また、試合中には、大地震が発生したとのシミュレーションをし、レフリーが試合を中断、安全な場所に移動する体験演習を行った。このほか、グラウンド内でサッカーゴールがもっとも危険なことから、実際に児童が紐で結んだゴールを倒し、実際の重さを体験した。このほか、災害時の安否連絡に便利な「災害用伝言ダイヤル171」の使い方も学んだ。

 児童からは「ゴールを倒すのは面白かったし、重さが理解できた」と話し、武田実行委員会代表は「いろいろなことを考えられる、きっかけとなった」と語った。

 中島光徳戸塚区サッカー協会会長は「スポーツ防災の重要性を周知、全国に波及していきたい」と話した。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

福祉古民家レストランへ

名瀬町久右衛門邸

福祉古民家レストランへ 社会

障害者が就労スキル磨く

5月19日号

ザンビアに卒業生の靴を

上矢部高校生徒

ザンビアに卒業生の靴を 教育

国際奉仕 150足寄贈

5月19日号

7人制大会で初優勝

区内女子ラグビーチーム

7人制大会で初優勝 スポーツ

創部以来の悲願達成

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook