神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

さくらプラザでモザイクアートの40回目記念展示を行う 原 恒夫さん 戸塚区戸塚町在住 84歳

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

個性と自由の作品追求

 ○…さまざまな色のタイルを専用の工具で刻み、小片を組み合わせて作るタイルモザイクアート。戸塚区内をはじめ、県内各所で指導者として活動し、さくらプラザで11日から40回目の記念展示「EAM展」を開催する。展示のタイトルは「Eternal Art Mosaic(永遠のアート・モザイク)」の頭文字から。「布や紙は長い時間が経つとボロボロになるけど、タイルは残る。そこが一番いいね」と魅力を語る。

 ○…学生時代は工業化学を専門に学びメーカーに就職。品質保証を担当する中で「お客様のご意見への対応も多かった。自分が直接作ったわけじゃないからモヤモヤしてね」と悩みを抱えていた時に、偶然出合ったのがモザイクアートだった。30代で入門し打ち込み始めたころ、社内の製品問題をきっかけに引責する形で退職。家族もいたが「会社での先行きも不安だったし辞める決心がついた」と転身、アートの道を進み始めた。

 ○…入門後3年で指導者資格を取得、翌年には戸塚区で教室を開校。「がむしゃらだったんだよ」と笑うが、勢いそのままに多数の作品出展・受賞やモザイクキットの販売、学校や地域との大型作品制作など、熱心に取り組んできた。今年、美術界の総合情報誌『美術年鑑』の作家名鑑に初めて名前が載り「やっとここまできたよ」と頬をほころばせた。

 ○…自宅には妻や娘と作ったタイル家具や、息子が小さい時の作品が並ぶ。アトリエにある数百種類の材料から「光を表現したくてステンドグラスやビー玉も使う」と自由な表現を追求し、宇宙をテーマにした作品をつくり続けてきた。「タイルのひとかけらは、人間の個性にも似てる。同じものは二つとないんだ」。温かい眼差しで作品を眺める。

戸塚区・泉区版の人物風土記最新6

小檜山 ルイさん

フェリス女学院大学で今年4月から学長を務める

小檜山 ルイさん

都筑区在住 66歳

5月16日

阿部 英弥さん

この春から泉消防署の署長に着任した

阿部 英弥さん

和泉中央北在勤 49歳

5月9日

河野 宏紀さん

4月から戸塚消防署の署長に着任した

河野 宏紀さん

戸塚町在勤 53歳

5月2日

永吉 和弘さん

この春から戸塚警察署署長に着任した

永吉 和弘さん

戸塚町在勤 54歳

4月18日

小山内 章さん

この春から泉警察署の署長に着任した

小山内 章さん

泉区和泉町在勤 54歳

4月11日

原 恒夫さん

さくらプラザでモザイクアートの40回目記念展示を行う

原 恒夫さん

戸塚区戸塚町在住 84歳

4月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook