戸塚区小中学生ユニット新体制で本格的スタート1月7日に楽曲リリース

文化

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • はてぶ
(左上から時計回りに)KARINさん、HIYOさん、SHOUTAさん、DJ KARENさん、HANNAさん、WACOさん、KARENさん、MIISHAさん、KAOさん
(左上から時計回りに)KARINさん、HIYOさん、SHOUTAさん、DJ KARENさん、HANNAさん、WACOさん、KARENさん、MIISHAさん、KAOさん

 戸塚区在住の小学生を中心に結成された音楽ユニット「the Firstar(ザファスター)」に中学生メンバー2人が加入し、2019年から本格的に活動を開始する。1月7日には新曲「白雲らんらん」をリリース。「戸塚を盛り上げていきたい」と意気込む。

 戸塚区を拠点に、ダンスと歌を中心としたパフォーマンスを行う同ユニット。一昨年に結成され、昨年インターネットを通した楽曲配信でデビューを果たしている。これまでは小学3年から6年の7人編成だったが、昨年7月にオーディションを行い、中学生のメンバー2人が新たに加入。今回、新体制後初の楽曲リリースとなった。

 新メンバーのKAO(カオ)さんは「コツコツタイプ」で、KARIN(カリン)さんは「明るくて流行に敏感」。メンバーのHANNA(ハンナ)さんは「(加入によって)さらに表現に幅が広がった」と話す。

 「新曲は、恋をする男の子を応援する歌詞。感情を込めて歌った」と話すのはボーカルを務めるKAREN(カレン)さん。曲調もメンバーによるダンスが映えるポップなものとなった。1月7日から音楽配信サイトでリリースされるほか、区内で撮影されたミュージックビデオが動画共有サイト「YouTube」で発表される予定。メンバーのMIISHA(ミーシャ)さんは「誰でも真似できる振り付けがある。戸塚のみんなで踊りたい」と話した。

地元でも積極的な活動

 地元・戸塚を拠点としている同グループ。今年は戸塚区制80周年に関連した企画や、区内でのステージなど様々なイベントを予定している。

 同ユニットをプロデュースするミュージシャンのHAMMER(ハマー)さんは「メンバーはふだん地元の学校に通う普通の小中学生だが、きらっと輝く面を持つ。地元の方々に『自分も何かやってみたい』と思ってもらえるようなユニットにしていければ」と話した。

  • LINE
  • はてぶ

戸塚区版のトップニュース最新3件

  • 生活困窮者の早期支援へ

    横浜市

    生活困窮者の早期支援へ 社会

    全区でネットワーク構築

    5月16日号

  • 歴史積み重ね半世紀

    大正ミニバス

    歴史積み重ね半世紀 スポーツ

    県内で最も古い発足

    5月16日号

  • 「大踏切」から見た2つの時代

    戸塚町在住・桝谷さん語る

    「大踏切」から見た2つの時代 社会

    5月1日号

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>