保土ケ谷区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

住宅の耐震診断 区内建設3社が無料実施 希望者増受け、相談窓口も

経済

建物のプロが耐震度合いを診断してくれるほか、場合によっては市の診断を斡旋してくれる
建物のプロが耐震度合いを診断してくれるほか、場合によっては市の診断を斡旋してくれる

 宿場町として栄えた保土ケ谷区では、歴史のある木造住宅なども多く、先の東日本大震災を機に「耐震診断」の需要が高まっている。

 区内の建設会社は、こうしたニーズに応えようとボランティアで無料診断を実施する。

 今回、無料で耐震診断を行うのは「社団法人横浜建設業協会 保土ケ谷区会」に所属する「昭和建設(株)」「(株)誠昌建設」「(株)谷津建設」の有志3社。

 無料診断の範囲としては「外観目視検査」を基本とし、壁などのひび割れ確認を行う。また、建物を壊さずに実施できる範囲で「床下・小屋裏目視検査」を行い、雨漏れや床下の状況を確認。検査の結果については、撮影した実際の写真などで報告する、としている。

市の点検・調査と同内容を民間が無報酬で実施へ

 こうした耐震診断については横浜市でも以前から無料で実施している。しかし審査対象が「昭和56年以前に建築確認を得て取得して建てた物」と定められているため、全てのニーズに即時に応えられないのが現状。さらに先の東日本大震災を機に市の審査対象外の住宅に住む区民からの診断依頼が急増しつつある事から、希望があれば保土ケ谷区内全世帯を対象に、地元の建設会社が無報酬で診断を行うことにしたという。

 また、より細かい調査を希望する場合は、自宅を図面化した上で、現在の法規基準と照らし合わせて耐震度がどの程度あるのかを調査。2週間程度を要して報告書作成する事も可能(別途費用が必要)。またこの耐震診断の申込み窓口となる横浜建設業協会のアンテナショップ『わっか』(和田町)では、住宅に関する相談コーナーを開設。耐震などについての不安や悩みの解消にも努めている。耐震診断の申込み、詳細問い合わせは【電話】045・332・2550/わっかまで。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

補助対象地域を拡大

感震ブレーカー

補助対象地域を拡大

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

「診療可能」は旗が目印

災害時医療

「診療可能」は旗が目印

3月8日号

区の歌合唱団が10周年

悲願のJ1昇格へ船出

サッカーJ2横浜FC

悲願のJ1昇格へ船出

2月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

つるし雛 ズラリ

つるし雛 ズラリ

ギャラリーコーエンで企画展

2月28日~3月26日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク