保土ケ谷区版 掲載号:2018年11月8日号 エリアトップへ

カテウラリサイクル楽団 廃材楽器が奏でる奇跡の音 岩間市民プラザであす9日

社会

掲載号:2018年11月8日号

  • LINE
  • hatena
リサイクル楽団のメンバー
リサイクル楽団のメンバー

 南米パラグアイの首都・アスンシオンから車で数十分ほどの所に位置する「カテウラ地区」にある同国最大級のゴミ埋め立て地。貧困層が多く暮らすこの地の少年・少女らで組織されたオーケストラ「カテウラリサイクル楽団」が11月9日(金)に岩間市民プラザでコンサートを開く。

 ドラム缶やフォークで作られたバイオリンやチェロ。水道管とスプーン、古いコインから作られたフルート。世界中から注目を集めている彼らが音を奏でる楽器は全て廃材から作られている。

 12年前、パラグアイ最難関の大学で環境学を学んでいた1人の青年がカテウラを訪れた。昼間から奪い合うようにゴミを集め、負の連鎖から抜け出せずにもがき苦しんでいる子どもたちの姿を目にした青年は、組織的に資源ゴミを集め役所に運ぶことで収益を得るリサイクルシステムを地区内に構築した。

 「子どもたちが希望を持って生きられるように」。少年時代からギターを学び、聖歌隊に所属するなど音楽に慣れ親しんできた青年は「音楽の力」で現状を変えようと音楽学校を開校し、カテウラに暮らす子どもたちと共にオーケストラを創設した。しかし楽器を購入する資金などはなく、地区内に溢れるゴミを材料に廃材楽器を作ることを思い付いた。

 2014年に楽団のドキュメンタリー映画が公開されると世界各地で反響を呼び、世界ツアーを行うようになり有名アーティストと共演するなど、グローバルに活動する彼らの演奏は貧困のまちを照らす光となった。

 当日は午後6時50分から1995年から同国内で支援活動を続けている横浜国立大学の学生らが取り組みを報告した後、8時10分から9時まで「カテウラリサイクル楽団」のメンバーが廃材楽器で奇跡の音を奏でる。入場は無料(スラムの子どもたちの支援のためのチャリティー実施)。

 問合せは横浜国立大学藤掛洋子研究室【電話】045・339・4485へ。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

真珠産地に寄り添い支援

常盤台在住半田紗知子さん

真珠産地に寄り添い支援 社会

あこや貝の大量死問題受け

10月17日号

特別音楽クラブが全国へ

保土ヶ谷小

特別音楽クラブが全国へ 教育

バンドフェスで金賞目指す

10月17日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

YCVと命名権契約

天王町商店街協同組合

YCVと命名権契約 経済

番組やCMでPR強化

10月10日号

来年2月から一時休業

イオン天王町店

来年2月から一時休業 経済

建替え後、22年の再開めざす

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

天王町公園に特設リング

天王町公園に特設リング 社会

28日に「商店街プロレス」

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす11日から

10月11日~11月10日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク