保土ケ谷区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

カテウラリサイクル楽団 廃材楽器が奏でる奇跡の音 岩間市民プラザであす9日

社会

リサイクル楽団のメンバー
リサイクル楽団のメンバー

 南米パラグアイの首都・アスンシオンから車で数十分ほどの所に位置する「カテウラ地区」にある同国最大級のゴミ埋め立て地。貧困層が多く暮らすこの地の少年・少女らで組織されたオーケストラ「カテウラリサイクル楽団」が11月9日(金)に岩間市民プラザでコンサートを開く。

 ドラム缶やフォークで作られたバイオリンやチェロ。水道管とスプーン、古いコインから作られたフルート。世界中から注目を集めている彼らが音を奏でる楽器は全て廃材から作られている。

 12年前、パラグアイ最難関の大学で環境学を学んでいた1人の青年がカテウラを訪れた。昼間から奪い合うようにゴミを集め、負の連鎖から抜け出せずにもがき苦しんでいる子どもたちの姿を目にした青年は、組織的に資源ゴミを集め役所に運ぶことで収益を得るリサイクルシステムを地区内に構築した。

 「子どもたちが希望を持って生きられるように」。少年時代からギターを学び、聖歌隊に所属するなど音楽に慣れ親しんできた青年は「音楽の力」で現状を変えようと音楽学校を開校し、カテウラに暮らす子どもたちと共にオーケストラを創設した。しかし楽器を購入する資金などはなく、地区内に溢れるゴミを材料に廃材楽器を作ることを思い付いた。

 2014年に楽団のドキュメンタリー映画が公開されると世界各地で反響を呼び、世界ツアーを行うようになり有名アーティストと共演するなど、グローバルに活動する彼らの演奏は貧困のまちを照らす光となった。

 当日は午後6時50分から1995年から同国内で支援活動を続けている横浜国立大学の学生らが取り組みを報告した後、8時10分から9時まで「カテウラリサイクル楽団」のメンバーが廃材楽器で奇跡の音を奏でる。入場は無料(スラムの子どもたちの支援のためのチャリティー実施)。

 問合せは横浜国立大学藤掛洋子研究室【電話】045・339・4485へ。
 

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

中国旅行社と誘客タッグ

存続危機乗り越え常設

狩場町親と子のつどいの広場

存続危機乗り越え常設

12月6日号

暦の挿絵に障害者の力作

偕恵いわまワークス

暦の挿絵に障害者の力作

11月29日号

3年連続で全国出場

保土ヶ谷小特別音楽クラブ

3年連続で全国出場

11月29日号

需要増加に伴い体制拡充

市救急相談センター♯7119

需要増加に伴い体制拡充

11月22日号

全線高架化を前に式典

相鉄線星川―天王町駅間

全線高架化を前に式典

11月22日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

野球に触れる機会を

野球に触れる機会を

保土ケ谷球場で15日、16日

12月15日~12月16日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク