保土ケ谷区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

横浜FC 選手と「夢トーク」 児童20人ほど リモートで

スポーツ

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
松尾選手のユニフォームを着てトークに聞き入る
松尾選手のユニフォームを着てトークに聞き入る

 川島町に拠点を構えるサッカーJ1・横浜FCが10月4日、選手が子どもたちと話す「夢トーク」と題したイベントを開き、20組ほどの親子が参加した。この日は安永玲央選手と松尾佑介選手が子どもたちからの質問や自身の少年時代の夢などを語った。

 新型コロナウィルスの影響でリモートでのやり取りとなったこの日、会場には横浜FCのユニフォームを着た子どもたちが集まり、選手の登場を待ちわびた。憧れの選手が端末の画面上に登場すると喜びの声を上げる参加者の姿も見られた。

 2選手は前日の試合について振り返った後、トレーニング方法や将来の夢などのほか、「ドラえもんがいて道具が使えたら何を使って何がしたいか」など、子どもたちの素朴な疑問にも丁寧に回答していた。

 松尾選手のファンだという参加者の一人は「いつもスタジアムで応援している選手が自分の質問に答えてくれて嬉しかった。これまでよりも応援したい気持ちが大きくなったし、自分もサッカーを頑張って横浜FCでプレーできるようになりたい」と目を輝かせながら話した。

地場野菜など使った昼食も

 この日のイベントはJリーグの各チームがホームタウンの地域課題解決に取り組む「シャレン!」事業の一環。内閣府などが進める貧困に苦しむ子どもを支援する取り組みに横浜FCが参画し、クラウドファンディングで得た協賛金で運営された。

 トークイベントの前には企業やNPO法人などから提供を受けた食材や地場野菜などを使った食事が振舞われた。

トークイベント前には地場野菜などを使った昼食を楽しんだ
トークイベント前には地場野菜などを使った昼食を楽しんだ

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

選手と「夢トーク」

横浜FC

選手と「夢トーク」 スポーツ

児童20人ほど リモートで

10月15日号

競歩2選手 関東へ

保土ケ谷高陸上部

競歩2選手 関東へ スポーツ

コロナ禍での自主練実る

10月15日号

コロナ禍で独自演奏会

区内7中学吹奏楽・MB(マーチングバンド)部

コロナ禍で独自演奏会 コミュニティ教育

YCVなどで動画配信

10月8日号

移動販売で買い物支援

市営住宅コンフォール明神台

移動販売で買い物支援 コミュニティ社会

指定管理者用駐車場を利用

10月8日号

選挙で屋根色決定へ

かながわアートホール

選挙で屋根色決定へ 文化

きょうから投票受付

10月1日号

横浜保育室「曲がり角」

横浜保育室「曲がり角」 社会

定員、最大時の2割に減少

10月1日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

暮らしを守る、即戦力。

衆議院議員 平和学博士 遠山きよひこ

https://toyamakiyohiko.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク