保土ケ谷区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

2021年度区予算 地域課題解決へ37事業 自主企画に約1億円

政治

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市がこのほど発表した2021年度予算の中で、各区が独自の取り組みを推進するための予算「自主企画事業」の概要が明らかになった。保土ケ谷区では「いつまでも住み続けたいまち ほどがや」をテーマに37の事業を推進する計画だ。

 「自主企画事業」は区役所が地域の特性やニーズに応じまちづくりを推進するための経費で、区は来年度予算編成に際し豪雨災害の激甚化・頻発化やコロナ禍の長期化に伴う新しい生活様式への対応、地域資源の積極的な活用による新たな担い手の育成・裾野拡大など、地域が抱える課題を勘案し4つの施策を柱に掲げ1億168万2千円を計上した。

 防災、防犯をはじめとした「暮らしの安全・安心の確保」分野には2218万2千円を計上。災害対策として「自助・共助による減災運動」を推進するほか、感震ブレーカーの設置などを進める。また、交通安全対策、防犯、食の安全や温暖化防止行動の支援などに取り組む。

 「誰もが健やかに暮らせる環境づくり」分野では子育てしやすい環境づくり、生活習慣病予防、介護予防などに取り組むほか、スポーツを通じた健康づくりを推進する。

 自治会町内会をはじめとした団体との協働を推進する「つながり・支えあいの推進」分野では、新たな生活様式を踏まえ、ICTを活用した地域の活動や交流が展開できるよう、地域活動におけるICTの活用を支援する取り組みを新たに始める。

星川駅周辺整備

 自然や歴史・文化など地域資源を活かした取り組みや駅周辺のまちづくりを進める「魅力あるまちづくり」分野では、星川駅高架下空間やその周辺において、地区の歴史を生かし、魅力向上を図るため星川駅周辺地区総合的なまちづくりガイドラインにおける「利便性が高く魅力あふれるまちづくり」の推進。周辺公共施設との連携により、区心部にふさわしい機能強化を図る。

バス路線

 関係局と連携し事業を戦略的に行う「区局連携促進事業」の中では星川駅周辺のバス交通アクセス向上検討事業費として道路局の予算内に200万円が計上されている。

 バス事業者が検討する駅南口交通広場に乗り入れるバス路線について、既存路線への影響や地元の意見などを取りまとめ、バス事業者と共有する。
 

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月19日号

3年ぶり「花フェスタ」

3年ぶり「花フェスタ」 文化

21日、星川中央公園で

5月19日号

新古品を善意銀行に

新桜ケ丘グランコーヨー(株)

新古品を善意銀行に 社会

「廃棄せず必要な所へ」

5月12日号

移動図書館 区内に復活

移動図書館 区内に復活 文化

隔週水曜 狩場町第三公園に

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月5日号

「美味しいお米になあれ」

ほどがや元気村

「美味しいお米になあれ」 コミュニティ教育

児童40人が伝統農業体験

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook