神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2013年1月10日 エリアトップへ

JR鶴見駅中距離停車 要望へ署名2万筆 2月中に提出へ

社会

公開:2013年1月10日

  • LINE
  • hatena

 鶴見まちづくり推進会議(佐藤信男委員長)の副都心整備促進部会による意見交換会がこのほど行われ、「JR鶴見駅への中距離電車停車」の要望に対する区民の署名が1万9744筆集まっていることがわかった。同会議が鶴見駅への中距離電車停車について署名を集めるのは初めてで、2月中をめどにJR東日本本社へ要望書とともに提出する予定だ。

 JR鶴見駅への中距離電車停車の要望は、昭和40年代から続く区民の大願と言われている。要望書の提出は毎年行われており、1989年からは、区民らによって組織された団体が発展的に形を変えながら継続。現在は、自治会・町内会や区内の企業・団体が参加している鶴見まちづくり推進会議が中心となって進められている。

「ラストチャンス」

 今回初めて署名が集められるに至った背景には2つの大きな状況変化がある。

 一つは、現在、相模鉄道などが整備中の相鉄・JR直通線事業の進捗度。事業は、相鉄・西谷駅=保土ケ谷区=と、JR東海道貨物線・羽沢駅(仮称)=神奈川区=を結び、羽沢駅から貨物線、横須賀線を経由して湘南新宿ラインのルートで渋谷・新宿方面へのアクセス向上を目的としており、2015年度の完成を目ざし計画が動き出している。

 その一方で、この計画では、貨物線の通る鶴見駅は通過することになっており、地元の焦燥感に拍車がかかっている。

 もう一つは、昨年4月に「総持寺踏切」が廃止されたことだ。

 JR東日本が鶴見駅停車の障害の一つとして挙げていた「総持寺踏切」の問題がクリアされたことにより、新ホーム設置費用の地元負担等の問題は残るものの、課題の一つが解決したことが運動に弾みをつけた。

 同会議はこの2点などを背景に、昨夏から11月末までの期間、署名運動を実施。市も昨年9月からホーム設置個所や需要、予算などのデータ調査を開始し、来年度も継続する予定だという。自治会連合会をはじめ、区内企業、団体、学校関係や行政、区選出の市・県・国会議員らが一丸となって取り組む「JR鶴見駅への中距離電車停車」。意見交換会に参加した区民らは「ラストチャンス」と口を揃える。鶴見の経済発展に向け、実現に期待がかかる。

 署名への参加は、要望書提出まで可能。詳細は、鶴見まちづくり推進会議事務局(鶴見区役所広報相談係内)【電話】045・510・1680。
 

鶴見区版のトップニュース最新6

放課後の居場所で学習会

寛政中学校

放課後の居場所で学習会

学校と区内法人らが協力

6月20日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月20日

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook