鶴見区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

ABCジャパン 外国人世帯に食糧品配布 コロナ禍で解雇なども

社会

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena
個人からの寄付で集まった食糧品
個人からの寄付で集まった食糧品

 日本語教室や生活相談など、外国人支援を行うNPO法人ABCジャパン(安富祖美智江代表)=鶴見中央=が、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮する外国人世帯に対し、寄付で集めた食糧品の配布を開始した。「言葉がわからず、情報収集もままならない中で仕事を失っている人も増えている。少しでも支援できれば」と話す。

 ABCジャパンは、ブラジル人コミュニティを中心に、さまざまな外国人を支援する団体。日本国内で震災など災害が発生した際は、被災地支援にも力を入れてきた。

 同団体には、新型コロナ感染症が拡大して以降、外国人からの相談が急増。言葉の壁で情報がわからず、心理的な不安を訴える声や、仕事を解雇され、暮らしが立ち行かなくなるケースも出ている。「寮に入っている場合、解雇はすべてを無くすことになり死活問題」とスタッフ。6月以降はさらに状況が厳しくなることが予想されるという。

 こうした状況を受け、日本に暮らす外国人労働者を助けようと、食糧品の寄付を企画。在東京ブラジル総領事館や、食品ロスを引き取り必要とする施設などに無料提供するフードバンク横浜の協力も受け、5月8日から取組をスタートさせた。

米などの保存食を

 個人からの寄付も受け付けている。求めているのは、米やパスタ、缶詰、レトルト食品、菓子類など保存がきく食糧品。新型コロナ感染症拡大防止のため、受け付けは郵送や宅配便を基本とし、直接の場合は事前に連絡が必要。集まった食糧品は22日以降に配布していく予定。宛先はABCジャパン〒230―0051横浜市鶴見区鶴見中央4の7の15ラカンパーナキソヤ302。問い合わせは【電話】045・550・3455。

鶴見区版のトップニュース最新6

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

食ロス削減へ回収箱

食ロス削減へ回収箱 社会

区などが2カ所に常設

7月9日号

密対策難しく、「臨海」も断念

密対策難しく、「臨海」も断念 社会

区民祭り、今年度は全滅

7月2日号

道路の安全に配達員の目

道路の安全に配達員の目 社会

鶴見土木と郵便局ら連携

7月2日号

昼間に蛍観賞会

昼間に蛍観賞会 教育

 矢向小 工夫し、児童に”光”

6月25日号

中学生にも最後の大会を

中学生にも最後の大会を 教育

保護者が署名集める

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク