神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2020年9月3日 エリアトップへ

不動産会社マウンテン 見守りセンサーで命救う 孤独死解決に挑戦 独自に

社会

公開:2020年9月3日

  • LINE
  • hatena
横山代表と開発したセンサー
横山代表と開発したセンサー

 鶴見中央の(株)マウンテン(横山智司代表取締役)はこのほど、同社が開発し、特許も取得しているドア開閉見守りシステムを使って自宅で動けなくなっていた70代女性を発見した。女性は足腰が悪く、発見が遅れていたら危険な状況だった。同社は「導入し初めて見守りが成功した。早い段階で見つけられて良かった」と話す。

10年前から構想

 マウンテンが開発したのは、低価格で広範囲に構築できる無線ネットワーク「LoRa」を利用した住居のドアに取り付けるセンサーだ。

 このセンサーは、ドアの開閉を認識し、設定した時間開閉がない場合に通知が来る仕組みになる。もともと、IT系の会社に勤めていた横山代表が、10年前から構想を練っていたもの。友人とともにシステム構築を始め、3年前から実験を開始。昨年には特許を取得した。

 マウンテンでは、同社の扱う物件で許可を得た入居者に対し、ドアにセンサーを設置しており、現在アパートやマンションなどに約20台が取り付けられている。現在不動産会社でこのシステムを導入しているのは同社のみ。

 発見された女性は、センサーを取り付けていた住居に一人で住んでいた。部屋は7月26日にドアが開いたっきり、2日間開閉が確認出来ず、横山代表のもとへ通知が来たため、担当女性スタッフが30日に様子を確認しに訪れた。外から声を掛けると中から返答は来るものの、一向に姿を見せず、U字ロック越しに中を見ると、トイレ付近で女性が倒れていたため、警察に連絡。女性はその後入院した。

人間の尊厳を

 横山代表がこのシステムを開発した背景には、高齢者や単身者のスムーズな入居が進まない現状があった。孤独死が発見された場合には、片付けなどその後の対応に多大な費用がかかるほか、後の部屋の賃貸価格を下げる必要が出てくることもあるため、入居を断る不動産会社も多いという。

 孤独死の状況を多く見てきた横山代表は「発見まで時間がかかると、人間の尊厳も何もない。亡くなってしまっても、せめてすぐ見つけたいと考えていた」と振り返る。

 安否確認などを目的として何度も訪問すると押しつけがましいと感じられてしまうこともある。見守りを目的としてではなく、本来の業務のついでに行うなど、さりげなく日常性を活かす仕組みができないかと模索し、辿り着いたのがこのセンサーだった。取り付けの際も工事などは不要で外側から設置するだけなので手間もかからない。

 横山代表は、「不動産会社にも、オーナーにも、入居者にも三方良しの仕組み。自分の仕事を通じて、社会貢献がしたかった」とする。マウンテンでは、今年度中に取り付け台数を50台まで増やすなど、今後も力を入れていく方針だ。

鶴見区版のトップニュース最新6

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

多文化共生指針を策定

鶴見区

多文化共生指針を策定

独自の指針は市内初

5月30日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook