神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鶴見区版 公開:2022年4月21日 エリアトップへ

横浜市 高齢福祉のサイト開設 情報の「窓口」めざす

社会

公開:2022年4月21日

  • LINE
  • hatena
サイトのトップ画面
サイトのトップ画面

 横浜市は4月から、高齢福祉の様々な情報を探せるwebサイト「ふくしらべ」(https://fukushirabe.city.yokohama.lg.jp/)を公開した。高齢者本人やその家族が欲しい情報に辿り着きづらい現状を踏まえ、分かりやすい「窓口」となることを目的としている。

 高齢期の公的な相談窓口として一般的なのが、地域ケアプラザに併設されている地域包括支援センターだ。

 市の統計によれば、市内の65歳以上人口は昨年9月末時点で約93万人。同センターの総合相談受付数は2006年度の8万4400件から年々増加し、20年度には22万2980件となっている。市地域包括ケア推進課の担当者は「相談事がある人は潜在的にはもっといるはず。高齢福祉に関する情報は多岐に渡り、必要な情報を見つけるのが難しいという課題を認識していた」と話す。

 こうした考えから、困っている高齢者やその家族が必要な情報を分かりやすく取得できることを目的に、その窓口となる同サイトの設立につながった。

最寄りのケアプラ検索機能など

 「高齢期の暮らし選び応援サイト」と銘打っており、全体的に平易な言葉を使用。在住区や町名から最寄りの地域ケアプラザを検索できる機能や、高齢期の暮らしをより豊かにする記事を集めたヒント集、地域活動のチラシなどに使えるイラスト素材集が主な掲載内容だ。高齢者本人のほか家族も対象としている。

 4月1日にサイトを開設。今後も情報の追加を予定している。

webに頼らぬ周知も

 一方でネットに詳しくない高齢者には、webサイトからの情報取得自体が困難だ。市内の地域ケアプラザの担当者は「広報紙の発行など、情報周知に力を入れているが敷居が高いという声は聞く。自治会やシニアクラブの会長でも『どこに相談していいか分からない』という方もいるので、一番身近な相談機関として職員が地域に出て行ってつながりを作る必要がある」と話した。

鶴見区版のトップニュース最新6

放課後の居場所で学習会

寛政中学校

放課後の居場所で学習会

学校と区内法人らが協力

6月20日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月20日

弁当で鶴見の魅力PR

弁当で鶴見の魅力PR

とも栄鮨の梶さんが考案

6月13日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月13日

緑地保全で国交大臣賞

かぶと塚ふれあいの樹林愛護会

緑地保全で国交大臣賞

四半世紀の活動を評価

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook